コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥付群 とりつきぐん

世界大百科事典 第2版の解説

とりつきぐん【鳥付群】

海鳥がつき従っている魚群。〈とりづき〉〈だいなむら〉〈たかり〉などともいう。カツオについていうことが多いが,マグロサバイワシなどにも同様の現象が見られる。イワシの場合はこれが直接,海鳥の餌となるが,カツオ,マグロ,サバの場合は,これらがイワシ類などの餌の群れを追う際,おこぼれにあずかれるので追随しているものである。よく見られる海鳥はカモメ,アジサシミズナギドリ,クロコドリ,カツオドリアホウドリなどである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の鳥付群の言及

【カツオ(鰹)】より

…硬骨魚綱スズキ目サバ科の海産魚(イラスト)。カツオの名称は鮮度が急激に悪くなるので乾燥して食べたり,火を通して調理すると肉質が硬くなることから〈かたうお〉と呼ばれたのがなまったという説がある。英名はskipjackといい,跳びはねるようすに由来する。マグロ類に近縁で,ときにはマグロ亜科に入れられることもある。従来はカツオ属と独立していたが,最近はヤイト属に入れられることが多い。全世界の各大洋の熱帯から温帯域の沿岸から外洋までの広い範囲に分布する。…

※「鳥付群」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android