コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥貝 トリガイ

2件 の用語解説(鳥貝の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

とり‐がい〔‐がひ〕【鳥貝】

ザルガイ科の二枚貝。内湾の泥底にすむ。貝殻は球円形で殻長9センチくらい。殻は薄く、表面は黄褐色の殻皮をかぶり、内面は紫紅色。すし種・干物などにする。 春》「三月や伊勢にまた来て―を/澄雄」

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

とりがい【鳥貝】

海産の二枚貝。貝殻はほぼ円形で、よくふくらむ。殻長10センチメートル 内外。殻表は紫紅色で、低い放射状の畝うねが多数あり、黄色の短毛を密生する。足は黒紫色で、鮨種すしだねや酢の物にして美味。本州以南の水深30メートルほどの砂泥底にすむ。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鳥貝の関連情報