コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥貝 トリガイ

デジタル大辞泉の解説

とり‐がい〔‐がひ〕【鳥貝】

ザルガイ科の二枚貝。内湾の泥底にすむ。貝殻は球円形で殻長9センチくらい。殻は薄く、表面は黄褐色の殻皮をかぶり、内面は紫紅色。すし種・干物などにする。 春》「三月や伊勢にまた来て―を/澄雄」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とりがい【鳥貝】

海産の二枚貝。貝殻はほぼ円形で、よくふくらむ。殻長10センチメートル 内外。殻表は紫紅色で、低い放射状の畝うねが多数あり、黄色の短毛を密生する。足は黒紫色で、鮨種すしだねや酢の物にして美味。本州以南の水深30メートルほどの砂泥底にすむ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

鳥貝 (トリガイ)

学名:Cardium muticum
動物。イチゴザルガイ科の貝

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

鳥貝の関連キーワード岩手県一関市花泉町油島コンキライト串焼き・串焼林 きむ子花泉[町]酢の物花泉短毛海産内外

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鳥貝の関連情報