コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紀宝町 きほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

紀宝〔町〕
きほう

三重県南端,熊野川下流左岸の町。 1954年井田村,御船村,相野谷村が合体し町制。 2006年鵜殿村と合体。井田は熊野灘七里御浜に臨む集落で園芸農業が行なわれる。熊野川河口の鵜殿では古くから木材の集散と製材が行なわれ,1951年に製紙工場が立地してからは工業地となった。傾斜地に大規模なミカン園がある。相野谷は熊野川の支流相野谷川流域の集落で,水田と梅林が多くを占める。山地はスギ,ヒノキの人工林が多く,杉皮が特産品。また,熊野川対岸の和歌山県新宮市への通勤者も多い。七里御浜と熊野川流域は吉野熊野国立公園に属する。 JR紀勢本線が通る。面積 79.62km2。人口 1万1207(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

紀宝町の関連キーワード三重県南牟婁郡紀宝町阪松原三重県南牟婁郡紀宝町平尾井三重県南牟婁郡紀宝町たか岡三重県南牟婁郡紀宝町北檜杖三重県南牟婁郡紀宝町桐原三重県南牟婁郡紀宝町神内三重県南牟婁郡紀宝町井内三重県南牟婁郡紀宝町鵜殿三重県南牟婁郡紀宝町鮒田三重県南牟婁郡紀宝町浅里三重県南牟婁郡紀宝町成川三重県南牟婁郡紀宝町井田三重県南牟婁郡紀宝町大里三重県南牟婁郡紀宝町瀬原熊野古道語り部友の会紀南介護保険広域連合昨年度の鳥インフル紀宝町ウミガメ公園三重県熊野市井戸町台風12号豪雨

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

紀宝町の関連情報