紀宝町(読み)きほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「紀宝町」の解説

紀宝〔町〕
きほう

三重県南端,熊野川下流左岸の町。 1954年井田村,御船村,相野谷村が合体し町制。 2006年鵜殿村と合体。井田は熊野灘七里御浜に臨む集落で園芸農業が行なわれる。熊野川河口の鵜殿では古くから木材の集散製材が行なわれ,1951年に製紙工場が立地してからは工業地となった。傾斜地に大規模なミカン園がある。相野谷は熊野川の支流相野谷川流域の集落で,水田梅林が多くを占める。山地スギ,ヒノキの人工林が多く,杉皮が特産品。また,熊野川対岸の和歌山県新宮市への通勤者も多い。七里御浜と熊野川流域は吉野熊野国立公園に属する。 JR紀勢本線が通る。面積 79.62km2。人口 1万321(2020)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android