コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鵜沼 うぬま

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鵜沼
うぬま

岐阜県各務原(かかみがはら)市の東部の一地区。旧鵜沼町。江戸時代には中山道(なかせんどう)沿いに宿場町が開けた。JR高山本線、名古屋鉄道犬山線・各務原線が通じ、名古屋、岐阜方面への交通の便がよく、北部丘陵地に住宅団地が開発されている。[上島正徳]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

鵜沼の関連キーワード飛騨木曽川国定公園岐阜県各務原市宇留間・宇留馬各務原(市)各務原[市]梅花無尽蔵川上 貞奴岐阜(市)ムトー精工名古屋鉄道伊木山城万里集九吉田平陽川上貞奴新庄城モース鵜沼城那加

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鵜沼の関連情報