鵜沼(読み)うぬま

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鵜沼
うぬま

岐阜県各務原市(かかみがはらし)の東部の一地区。旧鵜沼町。江戸時代には中山道(なかせんどう)沿いに宿場町が開けた。JR高山本線、名古屋鉄道犬山線・各務原線が通じ、名古屋、岐阜方面への交通の便がよく、北部丘陵地に住宅団地が開発されている。[上島正徳]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

うぬま【鵜沼】

岐阜県各務原市東部の地名。旧美濃国各務(かかみ)郡鵜沼村。木曾川中流の北岸にある。中世の鵜沼庄の地で江戸時代は東山道・中山道の宿駅。うるま(宇留馬・宇留間)。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

肉肉しい

肉料理に対する形容の一つ。しっかりした食感や肉汁が溢れるなど、強く「肉っぽさ」を感じさせる料理を表すのに用いられる。2010年代後半に、塊肉や熟成肉、肉バルなど様々な肉料理の流行に伴い、テレビや雑誌な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鵜沼の関連情報