コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鵜沼 うぬま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鵜沼
うぬま

岐阜県南部,各務原市の東端にある集落。旧町名。 1963年近隣3町と合体して各務原市となる。木曾川北岸にあって南岸の犬山市と相対し,中山道宿場町として発展。現在は名古屋,岐阜両市への通勤圏

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鵜沼
うぬま

岐阜県各務原(かかみがはら)市の東部の一地区。旧鵜沼町。江戸時代には中山道(なかせんどう)沿いに宿場町が開けた。JR高山本線、名古屋鉄道犬山線・各務原線が通じ、名古屋、岐阜方面への交通の便がよく、北部丘陵地に住宅団地が開発されている。[上島正徳]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

鵜沼の関連キーワード飛騨木曽川国定公園宇留間・宇留馬岐阜県各務原市各務原[市]各務原(市)ムトー精工名古屋鉄道岐阜(市)川上 貞奴梅花無尽蔵吉田平陽伊木山城万里集九川上貞奴新庄城モース鵜沼城那加

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鵜沼の関連情報