コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鵲の橋 カササギノハシ

2件 の用語解説(鵲の橋の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かささぎ‐の‐はし【×鵲の橋】

七夕の夜、牽牛(けんぎゅう)織女の二星が会うとき、カササギが翼を並べて天の川に渡すという想像上の橋。男女の契りの橋渡しのたとえにも用いる。烏鵲橋(うじゃくきょう)。 秋》
「天の川扇の風に霧はれて空すみわたる―」〈拾遺・雑秋〉
宮中を天上になぞらえて、その殿舎の階段。
「深き夜の雲居の月やさえぬらん霜に渡せる―」〈続古今・冬〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳の解説

鵲の橋

鵲はカラスより小さいが、カラス科の鳥だけあって、胸一面が真っ白であとは真っ黒である。カチカチと鳴くので、勝烏(かちがらす)、烏鵲(うじゃく)、喜鵲(きじゃく)の名もある。菅原道真の歌のように、七月七日の七夕の夜「鵲の橋」をつくるという、古代中国の伝説がある。
彦星の行合を待つかささぎのと渡る橋をわれにかさなん\菅原道真
陰暦七月七日の夜、牽牛、織女の二星の、年に一度の逢瀬のために、鵲は翼をならべて天の川に橋をつくる。男女の契りの橋渡しをするというので、人形浄瑠璃曾根崎心中』(道行)に、
梅田の橋をかささぎのはしとちぎりていつ迄も我とそなたは女夫(めおと)星\近松門左衛門
とある。長い尾を垂れるこの鳥は、黒白に色分けされた翼が特に美しい。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鵲の橋の関連キーワード懸巣硬質ガラス山鵲嘴太鴉嘴細鴉山娘渡烏川烏星鴉深山鴉

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone