鵲の橋(読み)カササギノハシ

デジタル大辞泉の解説

かささぎ‐の‐はし【×鵲の橋】

七夕の夜、牽牛(けんぎゅう)織女二星が会うとき、カササギが翼を並べて天の川に渡すという想像上の橋。男女の契りの橋渡しのたとえにも用いる。烏鵲橋(うじゃくきょう)。 秋》
「天の川扇の風に霧はれて空すみわたる―」〈拾遺・雑秋〉
宮中を天上になぞらえて、その殿舎の階段。
「深き夜の雲居の月やさえぬらん霜に渡せる―」〈続古今・冬〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

鵲の橋

鵲はカラスより小さいが、カラス科の鳥だけあって、胸一面が真っ白であとは真っ黒である。カチカチと鳴くので、勝烏(かちがらす)、烏鵲(うじゃく)、喜(きじゃく)の名もある。菅原道真の歌のように、七月七日の七夕の夜「鵲の橋」をつくるという、古代中国の伝説がある。
彦星の行合を待つかささぎのと渡る橋をわれにかさなん\菅原道真
陰暦七月七日の夜、牽牛、織女の二星の、年に一度の逢瀬のために、鵲は翼をならべて天の川に橋をつくる。男女の契りの橋渡しをするというので、人形浄瑠璃『曾根崎心中』(道行)に、
梅田の橋をかささぎのはしとちぎりていつ迄も我とそなたは女夫(めおと)星\近松門左衛門
とある。長い尾を垂れるこの鳥は、黒白に色分けされた翼が特に美しい。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かささぎ【鵲】 の 橋(はし)

① (「風俗通」の「織女七夕、当河、使鵲為橋」による語) 陰暦七月七日の夜、牽牛(けんぎゅう)、織女(しょくじょ)の二星が会うときに、鵲が翼を並べて天の川に渡すという想像上の橋。男女の仲をとりもつもの、男女の契りの橋渡しの意のたとえにも用いられる。《季・秋》
※貫之集(945頃)六「天河みだえもし南かささぎのはしもまたずてただわたり南」
※浄瑠璃・曾根崎心中(1703)道行「梅田の橋をかささぎのはしとちぎりて」
② (宮中を天上になぞらえて) 宮中の殿の階段。
※大和(947‐957頃)一二五「かささぎの渡せるはしの霜の上を夜半に踏み分けことさらにこそ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android