コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

麻酔銃 ますいじゅう tranquillizer gun

2件 の用語解説(麻酔銃の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

麻酔銃
ますいじゅう
tranquillizer gun

動物をいけどりしたり治療するときに,一時的に麻酔をかけるために用いる銃。ガスの圧力でアルミニウム製の皮下注射器を発射するもので,圧縮ガス銃と同じ仕組みである。ライフル銃型とピストル型があり,有効射程はライフル銃型で 50~100m,ピストル型で 3~5m。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

麻酔銃
ますいじゅう
tranquillizer gun

野生の獣類を生け捕りにしたり、広い場所にいる飼育中の病獣を治療したりするときなどに、麻酔させるために使用する銃。わが国ではおもに牧場、動物園などで使われるほか、野犬捕獲人が使用する。圧縮した液化炭酸ガスを詰めた2本の小さなボンベが銃身の下方に取り付けられており、その圧力でアルミ製の皮下注射器を発射する。発射装置は圧縮(炭酸)ガス銃と同じである。ライフル型とピストル型とがあり、前者は有効射程50~100メートル、後者は約3メートル。注射器が命中すると針が刺さり、ピストンが押されてニコチンアルカロイド等の麻酔剤が注射される。初期の麻酔銃は種々欠点があって失敗が多かったが、命中すると瞬間的に作用する方法が開発されて、1960年(昭和35)ごろから急激に普及した。薬液には速効性のものと遅効性のものとがあり、野獣では前者を、牧場や動物園の獣には後者を用いる。発射する薬液に対する動物の抵抗力は、種類や老幼によって異なるうえ、薬量が不足だと効くまでに遠くへ逃げてしまい捕獲しにくくなり、過多だと死んでしまうので、薬液の装填(そうてん)量の計算や射ち込む部位が微妙である。適量を推定する目安として、おもな獣について種類と薬量の一定比率が公表されている。一例をあげると、ウシ、シカなどは体重45キログラム当り1cc、イヌ、キツネ、サルなどは体重11キログラム当り1cc。野生下の一般野獣の場合は、撃ったとき小枝などの障害で外れることが少なくなく、腰、肩など安全な部位に打ち込むことがむずかしい。[白井邦彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

麻酔銃の関連キーワード生け捕る冠下さあどりゃはっよいしょ虜獲生け捕り平家鳥指鍼

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

麻酔銃の関連情報