黄蝶(読み)キチョウ

大辞林 第三版の解説

きちょう【黄蝶】

シロチョウ科のチョウ。開張約5センチメートル。はねは黄色で、夏型には黒縁が現れるが、秋型では退化する。幼虫はハギ・ネムノキなどの葉を食べる。成虫で越冬する。本州以南の各地に分布。
はねが黄色のチョウ。 [季] 春。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

黄蝶 (キチョウ)

学名:Eurema hecabe
動物。シロチョウ科のチョウ

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

き‐ちょう ‥テフ【黄蝶】

〘名〙
① シロチョウ科のチョウ。はねが黄色で黒くふちどられている。秋型のものは黒縁がほとんどなく前ばねの端にだけ残る。春から秋にかけて数回発生。幼虫は緑色で側面に白帯のあるアオムシで、ハギ、ネムノキなどマメ科植物の葉を食害。本州以南の各地に分布
② 一般に、はねが黄色いチョウの総称。キチョウ、ツマグロキチョウなど。《・春》
※吾妻鏡‐文治二年(1186)五月一日「自去比黄蝶飛行」

こう‐ちょう クヮウテフ【黄蝶】

〘名〙 黄色の。〔日葡辞書(1603‐04)〕 〔王建‐過綺岫宮〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android