コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄蝶 キチョウ

デジタル大辞泉の解説

き‐ちょう〔‐テフ〕【黄×蝶】

シロチョウ科のチョウ。(はね)の開張約4.5センチ。翅は黄色く、夏型では前翅の黒い縁どりが目立つ。幼虫の食草はハギネムノキなど。東北地方南部から南に普通にみられる。 春》

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きちょう【黄蝶】

シロチョウ科のチョウ。開張約5センチメートル。はねは黄色で、夏型には黒縁が現れるが、秋型では退化する。幼虫はハギ・ネムノキなどの葉を食べる。成虫で越冬する。本州以南の各地に分布。
はねが黄色のチョウ。 [季] 春。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

黄蝶 (キチョウ)

学名:Eurema hecabe
動物。シロチョウ科のチョウ

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

黄蝶の関連キーワード怱怱・匆匆分布成虫黒縁

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android