黐木(読み)モチノキ

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

黐木 (モチノキ)

植物。クスノキ科の常緑大高木,園芸植物,薬用植物。タブノキの別称

黐木 (モチノキ)

植物。モチノキ科の常緑高木,園芸植物。タラヨウの別称

黐木 (モチノキ・モチイノキ)

学名:Ilex integra
植物。モチノキ科の常緑高木,園芸植物

黐木 (モチノキ)

植物。クスノキ科の落葉低木。ヤマコウバシの別称

黐木 (モチノキ)

植物。ヤマグルマ科の常緑高木,薬用植物。ヤマグルマの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

もち‐の‐き【黐木】

〘名〙
① モチノキ科の常緑高木。本州以西の暖地の山野に生える。高さ一〇メートルに達する。葉は倒卵形で長さ四~八センチメートル。雌雄異株晩春葉腋黄緑色の小さな四弁花が群がって咲く。果実は径約一センチメートルの球形で、秋に紅色に熟す。材は緻密で堅く印章・彫刻・櫛などの細工物に用いる。樹皮から鳥黐をつくるところからこの名がある。漢名冬青をあてるが、これは中国産の別種の名。もち。とりもちのき。もちいのき。《季・夏》
▼もちのきの実《季・秋》 〔新撰字鏡(898‐901頃)〕
② 植物「たぶのき(椨)」の異名。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android