コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒ビール くろビールblack beer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黒ビール
くろビール
black beer

ビール製造工程で麦芽強熱焙煎する方法で造られるビール。一般に黒あるいは濃褐色と色が濃く,口あたりが柔らかく,芳醇な甘味がある。ホップの使用量によって香気苦味こくなどの点で差異が生じるように,各国,各メーカーの製造過程の相違によってアルコール濃度,味,色などそれぞれ特色がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

くろ‐ビール【黒ビール】

焦がした麦芽で醸造した黒茶色のビール。 夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

黒ビール【くろビール】

日本では一般に下面発酵ビールのうち濃色ビールに属するものをいう。麦芽の焙燥(ばいそう)のとき強熱し,麦芽中の糖分をカラメル化し,これによってビールの色を濃くしたもので,ホップ使用量が少なく,味はやわらかく,苦味が少ない。
→関連項目ビール

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

黒ビール

 麦芽の乾燥時に高温にして焦がして製造するため,黒色を呈する.独特の香りと濃い味が特色.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

くろビール【黒ビール】

黒く焦がした麦芽やカラメルを混ぜたりして作った黒褐色のビール。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

飲み物がわかる辞典の解説

くろビール【黒ビール】


少量の濃色麦芽を、ビールの原料に一般的に用いる淡色麦芽とともに用いて醸造した黒褐色のビール。麦の香りとこくが強いものが多い。

出典 講談社飲み物がわかる辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

黒ビール
くろびーる

ビールの原料である麦芽を焦がして醸造した濃色のビール。発芽した緑麦芽を焙燥(ばいそう)室に入れ、加熱空気を送って乾燥させ、しだいに温度を上げ、最終温度を120℃くらい(一般のビール麦では85℃くらい)までにして焦がす。黒ビール特有の色と香りはここに由来する。ドイツのミュンヘンビールは黒ビールの代表で、味が穏やかで、甘く、麦芽の香味が強く、弱ホップ性、アルコール分5%。イギリスのスタウトは麦汁濃度が高く、アルコール分も8%と高い。強ホップ性で苦味が強い。[秋山裕一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

黒ビールの関連キーワードサッポロ プレミアムアルコールフリー ブラックビール(アルコール飲料)アサヒドライゼロブラックノースアイランドビール京都平安麦酒 くろおすヱビス<ザ・ブラック>スタウトエール黒糖ハーフアンドハーフ一番搾りスタウトシャンディガフ夕張石炭ビール焙煎コシヒカリサツマブラックハーフ&ハーフ赤坂地ビール東京ブラック黒姫スタウトアルコール分ディアジオアサヒ黒生

黒ビールの関連情報