コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒滝[村] くろたき

世界大百科事典 第2版の解説

くろたき【黒滝[村]】

奈良県中央部,吉野郡の村。人口1324(1995)。吉野川支流黒滝川の上流域を占める山村。山林が村域の大部分を占め,集落は黒滝川などの河川に沿って散在する。主産業は林業,製材業で,吉野杉,ヒノキ,マキ,松が産出され,みがき丸太の生産量も多い。花卉栽培,川魚の養殖も行われる。近年人口の減少が著しく,1970年に過疎地域の指定を受けた。真言宗の名刹(めいさつ)鳳閣寺の廟塔は重要文化財に指定されている。【松原 宏】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

黒滝[村]の関連キーワード正中多治見国長土岐頼兼多治見国長加藤一二三土砂災害の増加石山寺縁起議定所元亨後宇多天皇

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android