コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒滝[村] くろたき

世界大百科事典 第2版の解説

くろたき【黒滝[村]】

奈良県中央部,吉野郡の村。人口1324(1995)。吉野川支流黒滝川の上流域を占める山村。山林が村域の大部分を占め,集落は黒滝川などの河川に沿って散在する。主産業は林業,製材業で,吉野杉,ヒノキ,マキ,松が産出され,みがき丸太の生産量も多い。花卉栽培,川魚の養殖も行われる。近年人口の減少が著しく,1970年に過疎地域の指定を受けた。真言宗の名刹(めいさつ)鳳閣寺の廟塔は重要文化財に指定されている。【松原 宏】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

黒滝[村]の関連キーワード正中多治見国長土岐頼兼多治見国長加藤一二三土砂災害の増加石山寺縁起議定所元亨後宇多天皇

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android