コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒韃事略 コクダツジリャク

3件 の用語解説(黒韃事略の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こくだつじりゃく【黒韃事略】

中国の雑書。1巻。の彭大雅(ほうたいが)・徐霆(じょてい)の撰。1237年成立。モンゴル帝国創成期の事情・制度・風俗などを記す。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

こくたつじりゃく【黒韃事略 Hēi dá shì lüè】

1230年代中ころに前後してモンゴル帝国へ使いした中国,南宋の彭大雅(1232年の使節に参加,33‐34年滞在)と徐霆(1234年の使節に参加)が著した見聞記。1237年(嘉熙1)の跋を付す。前者が著した本文について各節ごとに後者が内容を補足するかたちをとる。本書はモンゴルの制度や風俗,特にオゴタイ・ハーン時代の華北支配の実態を伝える重要な史料である。【松浦 茂】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こくたつじりゃく【黒韃事略】

南宋の彭大雅・徐霆じよていのモンゴル帝国見聞録。1237年成立。創業時代の帝国の情勢・風俗・制度を知る上で重要な資料。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の黒韃事略の言及

【蹄鉄】より

…しかし,中央アジアおよび北アジアの遊牧民の間に蹄鉄が広く知られるようになるのは,早く見積もっても12世紀以降で,それも全面的に普及するまでには至らなかった。 南宋の彭大雅(ほうたいが)はそのモンゴル見聞記《黒韃事略(こくたつじりやく)》(1237)中で,モンゴル人はひづめが損耗して薄くなり砂磧地帯の走行に向かない馬には,鉄もしくは板でこしらえた〈脚渋〉を装着すると報告しており,モンゴルの大半の馬が装蹄していなかったことをうかがわせる。脚渋は唐代以後の記録に蹄渋,木渋とも見え,中央アジアの砂漠地帯で発達した装蹄法で,古くはもっぱら木製であった。…

※「黒韃事略」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

黒韃事略の関連キーワードオノン川聖武親征録韃靼蒙古帝国モンゴル帝国蒙古佐口透杉山正明チンギス・ハーンヤサ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone