コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒韃事略 コクダツジリャク

世界大百科事典 第2版の解説

こくたつじりゃく【黒韃事略 Hēi dá shì lüè】

1230年代中ころに前後してモンゴル帝国へ使いした中国,南宋の彭大雅(1232年の使節に参加,33‐34年滞在)と徐霆(1234年の使節に参加)が著した見聞記。1237年(嘉熙1)の跋を付す。前者が著した本文について各節ごとに後者が内容を補足するかたちをとる。本書はモンゴルの制度や風俗,特にオゴタイ・ハーン時代の華北支配の実態を伝える重要な史料である。【松浦 茂】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

こくたつじりゃく【黒韃事略】

南宋の彭大雅・徐霆じよていのモンゴル帝国見聞録。1237年成立。創業時代の帝国の情勢・風俗・制度を知る上で重要な資料。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の黒韃事略の言及

【蹄鉄】より

…しかし,中央アジアおよび北アジアの遊牧民の間に蹄鉄が広く知られるようになるのは,早く見積もっても12世紀以降で,それも全面的に普及するまでには至らなかった。 南宋の彭大雅(ほうたいが)はそのモンゴル見聞記《黒韃事略(こくたつじりやく)》(1237)中で,モンゴル人はひづめが損耗して薄くなり砂磧地帯の走行に向かない馬には,鉄もしくは板でこしらえた〈脚渋〉を装着すると報告しており,モンゴルの大半の馬が装蹄していなかったことをうかがわせる。脚渋は唐代以後の記録に蹄渋,木渋とも見え,中央アジアの砂漠地帯で発達した装蹄法で,古くはもっぱら木製であった。…

※「黒韃事略」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

黒韃事略の関連キーワード情勢

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android