並立(読み)ならべたてる

精選版 日本国語大辞典「並立」の解説

ならべ‐た・てる【並立】

〘他タ下一〙 ならべた・つ 〘他タ下二〙
① ならべてたてる。一つ一つならべる。いくつもならべる。
書紀(720)皇極三年一一月(図書寮本訓)「蘇我の大臣蝦夷が児(こ)入鹿臣、家を甘檮(あまかし)の岡に双起(ナラヘタツ)
② 数えるようにならべあげてあれこれいう。次から次へと列挙していいたてる。
※人情本・春色梅美婦禰(1841‐42頃)初「謗(そしり)て穴をならべ立(タテ)

ならび‐た・つ【並立】

〘自タ五(四)〙
① ならんで立つ。なみたつ。
※とりかへばや(12C後)中「ほのかにならびたちて、人めもいかに、我身のやつれとなるらん」
② 対等の位置にならぶ。肩を並べる
※近世紀聞(1875‐81)〈染崎延房〉八「政権を王室に還しもて万国と(ナラビタツ)の基礎を茲に立ん事」

なみ‐た・つ【並立】

〘自タ四〙 並んで立つ。ならびたつ。
※後撰(951‐953頃)賀・一三八四「なみたてる松の緑の枝わかずをりつつ千代を誰れとかは見ん〈藤原師輔〉」

なみ‐たち【並立】

〙 並び立つこと。並んで立っていること。
万葉(8C後)三・三八二「ふたがみの 尊き山の 儕立(なみたち)の 見がほし山と」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android