4Kテレビ(読み)よんけーてれび

知恵蔵の解説

表示パネルの画素数が、フルハイビジョンの4倍ある高画質化を追求したテレビ。(水平画素)が3840(約4000)で、1000は1K (キロ)という単位で表されるため、4Kテレビと呼ばれる。
現在主流のフルハイビジョンテレビの画素数は、横(水平画素)1920×縦(垂直画素)1080で、縦横合計で207万3600あるが、4Kテレビは、横3840×縦2160で合計829万4400。つまり、フルハイビジョンの4倍の画素数となる。2010年は立体映像が楽しめる3Dテレビが話題となったが、国内メーカーが韓国メーカーとの価格競争で苦戦を強いられたため、価格は発売当時の半値以下に暴落。当初国内メーカーが期待したほどの利益は見込めない状況となっている。
そのような中、11年10月に日本で開催されたアジア最大級の家電見本市「CEATEC(シーテック)JAPAN」で登場したのが4Kテレビである。「CEATEC」では、東芝が11年12月中旬発売予定の4K2Kテレビ「レグザ(REGZA)55X3」を展示。シャープは、ベンチャー企業のI^3(「I」に3乗の印)(アイキューブド)研究所が開発したICC(Integrated Cognitive Creation)技術を採り入れた「ICC 4K液晶テレビ」のデモを行った。「ICC 4K液晶テレビ」は、4Kの高画質化技術に、人が直接目にする風景を生成するというICC技術の使用を合わせることで、より映像の精細感を増やすことができるテレビである。
また、テレビではないが、ソニーは、フルハイビジョンの映像を4K画像に変換し投影する家庭用プロジェクターを12月下旬に発売する予定。同時に、4Kテレビの発売も視野に入れている。
いずれも大画面で高画質が売りで、4Kほどの解像度になれば、あたかもそこに実体があるかのようなリアルな映像が楽しめるのだが、はたして、一般家庭の多くがそれほどの画質を望んでいるのかは定かではない。

(横田一輝  ICTディレクター / 2011年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

いまの薄型テレビで一般的なフルハイビジョンより、4倍きめ細かい映像を表現できる。画素数は、フルハイビジョンが約200万個(横約2千、縦約1千)なのに対し、4Kは約800万個(横約4千、縦約2千)。横の画素数が4千なので、千を表すK=キロから「4K」と呼ばれる。総務省によると、BSCSでの4K規格の本格放送は2020年の東京五輪目標に進められている。

(2014-06-10 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

4Kとよばれる4000×2000ピクセルドット)程度の解像度をもつ高画質テレビ。従来フルハイビジョンの4倍の画素数となる。4Kチューナーを内蔵し、単体BS4K放送110度CS4K放送受信可能。4K2Kテレビ。4K UHDTV。4Kチューナー内蔵テレビ。→4K対応テレビ8Kテレビ
[補説]平成26年(2014)6月に4Kテレビ向け番組の試験放送が開始され、順次、CS放送IPTVCATVなどで本放送が始まった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ブルーインパルス

航空自衛隊に所属し華麗なアクロバット飛行(展示飛行)を披露する専門チーム。現在のチームは3代目となり、正式名称は宮城県松島基地の第4航空団に所属する「第11飛行隊」。チーム名の「青い衝撃」の意にちなん...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

4Kテレビの関連情報