APS(読み)えーぴーえす

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

APS

コンパクトカメラの小型化が進み、35mmフィルムより小さなフィルムが求められ、規格化されたフィルムのシステム。同一のフィルムを利用し、APS-C(4:3、35mmフィルム比)、APS-H(16:9、ハイビジョン比)、APS-P(3:1、パノラマ)を切り替えて撮影できる。また、フィルム感度をカメラが自動読み取りしたり、インデックスプリントができるなどさまざまな利点があったが、35mmフィルムを駆逐するほどは普及しなかった。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

エー‐ピー‐エス【APS】[advanced photo system]

advanced photo system》カメラをより小型化し、カメラへの装着と取り出しを容易にした新フィルム様式。フィルムの幅を従来の35ミリから24ミリに小型化してカートリッジに収めたもので、カートリッジごとフィルムの装着・取り出しができる。撮影データなどの磁気情報も記録可能。日本のカメラ・フィルムメーカーにより共同開発され、平成8年(1996)に実用化。平成24年(2012)すべてのメーカーが販売を終了した。

エー‐ピー‐エス【APS】[antiphospholipid antibody syndrome]

antiphospholipid antibody syndromeantiphospholipid syndrome》⇒抗燐脂質抗体症候群

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

APS【エーピーエス】

アドバンスド・フォト・システムadvanced photo systemの略。コダック,富士写真フイルムニコンキヤノンミノルタの5社による新しいフィルム,カメラなどの規格(1996年発売開始)。カートリッジ式で,フィルム幅24mm,画面サイズは16.7mm×30.2mm。撮影時の撮影条件やその他情報を磁気情報化してフィルムベースに記憶するなどの特徴を持つ。
→関連項目カメラ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

APS

〖Advanced Photo System〗
小型化したフィルムと専用カメラによる写真システムの通称。フィルム装塡が簡便で、高度な画質が得られる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

APS
エーピーエス
Advanced Photo System

カメラで従来の 35ミリフィルムより 25%程度小さいカートリッジ式の写真フィルムを,電池を交換するように簡単に装填する方式。新写真システムの略。イーストマン・コダック富士フイルムキヤノンミノルタニコンの 5社共同開発によるもので,1996年4月にフィルムとカメラが発売された。カートリッジを入れると自動的にフィルムが送り出され,撮り終わると自動的に巻き戻され,カートリッジのまま現像に出し,現像済みフィルムは巻き戻されたままで返される。従来のネガ(→陰画)の代わりに,全コマをまとめて焼き付けたインデックス・プリントを見て焼き増しを指示する。フィルム表面に塗布された透明な磁気素材に,撮影・プリントデータなどを記録でき,専用のフォトスキャナを用いればパーソナル・コンピュータに取り込むこともできた。2012年にフィルムメーカーは APS用フィルムの製造,販売をすべて終了した。APSの名は,デジタルカメラで APS-Cに近いサイズ(23.4mm×16.7mm)の撮像素子の呼び名 APS-Cサイズとして残っている。ただしニコンは DXフォーマットと呼んでいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

APSの関連情報