コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

CAM しーえーえむ

8件 の用語解説(CAMの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

CAM

コンピューター支援製造コンピューターを使った製造業務をシステムCADシステムで作成された設計図を利用することから、CAD/CAMと対で呼ばれることが多い。CADメモリーの記憶方法⇒連想記憶

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

キャム【CAM】[computer-aided manufacturing]

computer-aided manufacturing》コンピューターを利用して製品の製造・加工を行うこと。またはそのためのコンピューターシステムやソフトウエアを指す。CAD(キャド)データを基に、数値制御工作機械を操作して加工を行う。CADとあわせて用いられることが多いので、まとめてCAD/CAMと呼ばれることもある。

シー‐エー‐エム【CAM】[computer-aided manufacturing]

computer-aided manufacturing》⇒キャム(CAM)

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

CAM【シーエーエム】

computer aided manufacturingの略。→CAD

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

IT用語がわかる辞典の解説

カム【CAM】

キャム。⇒キャム

キャム【CAM】

コンピューターを使って、製品を製造・成形・加工するためのシステム、およびソフトウェア。設計に使われるCAD(キャド)と組み合わせCAD/CAMを指すこともある。◇「computer-aided manufacturing」または「computer-assisted manufacturing」の頭文字から。「カム」「コンピューター支援製造システム」「コンピューター援用製造システム」ともいう。

出典|講談社
IT用語がわかる辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

CAM

〖computer-aided manufacturing〗
キャム

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

CAM
きゃむ
Crassulacean Acid Metabolism

ベンケイソウ型有機酸代謝Crassulacean Acid Metabolismの略号。多肉植物にみられる、夜間に液胞の有機酸(リンゴ酸)量が増加し、昼間に減少する代謝をいう。[吉田精一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

CAMの関連情報