COBOL(読み)こぼる

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

COBOL

1960年、米国防総省と[[CODASYLが共同で開発したプログラミング言語。経理や在庫管理などの事務処理を目的とした手続き型言語である。自然言語(英語)に近い構成を持つためプログラムを記述しやすく、また汎用性が高いため開発する機種を選ばないという特徴を持つ。大量のデータ処理を得意とすることから、メインフレームなどのデータベースシステムで利用されている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

コボル【COBOL】[Common Business Oriented Language]

Common Business Oriented Language》コンピューターのプログラミング言語の一。事務用のデータ処理に用いられる。英文に近い命令や構文規則を備え、最初期の高級言語として知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

COBOL【コボル】

common business oriented languageの略。コンピューターの自動プログラミング用言語の一種。商業用の情報処理のため開発されたもので,コンパイラーに属し,命令コードの系列を英語の単語を組み合わせて表し,人間の言語の形に近づけてある。→高水準言語
→関連項目FORTRANプログラム言語

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コボル【COBOL】

プログラム言語の一つ。1960年ころ,おもに事務処理用のプログラムを書くための言語として,アメリカのデータシステム言語会議が制定した。COBOLはcommon business oriented languageの略である。その後数年ごとに改訂したり,新しい機能を追加して現在に至っている。事務処理だから,入出力データの書式が柔軟,容易に記述できるようくふうしてある。事務処理特有の報告書作成の機能があり,この種の仕事のプログラムは簡単である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のCOBOLの言及

【プログラミング言語】より

… 両者のうち,より古くからあるのが手続き型procedural言語ないし命令型imperative言語であり,変数と呼ばれる名前のついた記憶領域に次々と値を格納していく(それ以前に格納されていた値は失われる)ことを基本動作として計算が進行していく実行モデルをもつ。 初期の手続き型言語としては,科学技術計算むけのFortran,Algol,事務処理むけのCobolが挙げられる。そのほか,システム記述むけの手続き型言語であるBlissやC,教育むけのPascalなどが作られた。…

※「COBOL」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android