柔軟(読み)ジュウナン

デジタル大辞泉の解説

じゅう‐なん〔ジウ‐〕【柔軟】

[形動][文][ナリ]
やわらかく、しなやかなさま。「柔軟な身のこなし」
一つの立場や考え方にこだわらず、その場に応じた処置・判断のできるさま。「柔軟な態度」「柔軟に対応する」
[派生]じゅうなんさ[名]

にゅう‐なん〔ニウ‐〕【柔軟】

[名・形動ナリ]
仏教に従いその心が穏やかなこと。また、そのさま。
「既に―の仏子となった以上は」〈露伴・連環記〉
じゅうなん(柔軟)」に同じ。
「イカニモ静カニ―ナフリデ」〈天草本伊曽保・獅子と馬〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅうなん【柔軟】

( 形動 ) [文] ナリ 
やわらかく、しなやかなさま。 「 -な体」
考え方に、融通性があるさま。 「 -な考え方」 「 -に対処する」
[派生] -さ ( 名 )

にゅうなん【柔軟】

( 名 ・形動ナリ )
〔「にゅう」は「柔」の慣用音〕
〘仏〙 心が柔和なこと。 「本性-にして慈悲も深く/妻鏡」
じゅうなん(柔軟)」に同じ。 「静カニ-ナフリデ/天草本伊曽保」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じゅう‐なん ジウ‥【柔軟】

〘名〙 (形動)
① (━する) 物体の性質が、やわらかく、しなやかになること。やわらかくて、弾力性に富むこと。また、そのさま。
※舎密開宗(1837‐47)内「百七十度の熱に柔軟し二百十二度の熱に半流動し其以上の熱に全く鎔化す」 〔詩経疏‐小雅・隰桑〕
② 人、または事柄の性質が、順応性に富んでいて、やわらかであること。一方にかたよらないで、さまざまのものに素直に対処しうるさま。にゅうなん。
※実隆公記‐永正二年(1505)八月二六日「天性柔軟、寺中之儀於勤行等事更無闕怠

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

柔軟の関連情報