柔軟(読み)じゅうなん

精選版 日本国語大辞典「柔軟」の解説

じゅう‐なん ジウ‥【柔軟】

〘名〙 (形動)
① (━する) 物体の性質が、やわらかく、しなやかになること。やわらかくて、弾力性に富むこと。また、そのさま。
※舎密開宗(1837‐47)内「百七十度の熱に柔軟し二百十二度の熱に半流動し其以上の熱に全く鎔化す」 〔詩経疏‐小雅・隰桑〕
② 人、または事柄の性質が、順応性に富んでいて、やわらかであること。一方にかたよらないで、さまざまのものに素直に対処しうるさま。にゅうなん。
※実隆公記‐永正二年(1505)八月二六日「天性柔軟、寺中之儀於勤行等事更無闕怠

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「柔軟」の解説

じゅう‐なん〔ジウ‐〕【柔軟】

[形動][文][ナリ]
やわらかく、しなやかなさま。「柔軟な身のこなし」
一つの立場や考え方にこだわらず、その場に応じた処置・判断のできるさま。「柔軟な態度」「柔軟に対応する」
[派生]じゅうなんさ[名]
[類語](1やわらかいしなやか軟化柔らか軟質軟弱柔いやんわりソフト/(2変通臨機応変融通フレキシブル弾力的融通無碍むげ

にゅう‐なん〔ニウ‐〕【柔軟】

[名・形動ナリ]
仏教に従いその心が穏やかなこと。また、そのさま。
「既に—の仏子となった以上は」〈露伴・連環記〉
じゅうなん(柔軟)」に同じ。
「イカニモ静カニ—ナフリデ」〈天草本伊曽保・獅子と馬〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「柔軟」の解説

【柔軟】じゆう(じう)なん

柔らかくしなやか。〔南史、姚伝〕察、一經を讀まんと欲し、竝びに已に究し將(まさ)にらんとす。曾(すなは)ち痛惱(つうなう)無し。但だ西向して、坐して正念して云ふ、一切寂と。其の後身體柔軟、顏色恆(つね)の如し。

字通「柔」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android