COE(読み)COE/しーおーいー(英語表記)center of excellence

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

COE

「センター・オブ・エクセレンス」(卓越した拠点)の略称。大学同士の競争を活発にし、世界的な拠点作りを狙う。「21世紀」が「研究教育」を掲げたのに対し、「グローバル」は「教育研究」で、教育面も重視する。02年度に始まった「21世紀」では最初の3年間に審査が実施され、計274件が選ばれた。総額約1760億円が交付される。今年度からの「グローバル」も仕組みは同様だ。

(2007-07-02 朝日新聞 朝刊 教育1)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

シー‐オー‐イー【COE】[center of excellence]

center of excellence》優秀な頭脳と最先端の設備環境をもち、世界的に評価される研究拠点のこと。米国のマサチューセッツ工科大学AT&Tベル研究所、IBMトーマスワトソン研究所、ドイツのマックスプランク研究所、英国のラザフォードアプルトン研究所、オックスフォード大学ケンブリッジ大学、フランスのパスツール研究所などがその例。日本でも、国際競争力のある世界最高水準の大学づくりを推進するために、文部科学省が21世紀COEプログラム(現グローバルCOEプログラム)を平成14年(2002)からスタートさせた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android