コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

CSV シー エス ブイ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

CSV

データベース・ソフトや表計算ソフトのデータをファイルとして保存するフォーマットのひとつで、主にアプリケーション間のファイルのやり取りに使われる。それぞれの値がカンマ(,)で区切られている。「カンマ区切り」とも呼ばれる。同様の目的で、それぞれの値がタブで区切られたフォーマットを「タブ区切り」と呼ぶ。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

シー‐エス‐ブイ【CSV】[comma-separated value]

comma-separated value》データベースや表計算ソフトにおいて、データをテキストファイルとして保存する場合の一形式。項目やセルをカンマ(コンマ)で区切っている。カンマ区切り。→エス‐エス‐ブイ(SSV)ティー‐エス‐ブイ(TSV)

シー‐エス‐ブイ【CSV】[creating shared value]

creating shared value》企業が本業を通じ、企業の利益と社会的課題の解決を両立させることによって社会貢献を目指すという、企業の経営理念。2011年に米国の経営学者マイケル=ポーターが提唱。CSR(企業の社会的責任)よりさらに踏み込み、より直接的に課題の解決を図ることで、企業価値の向上を目指す。共通価値創造共有価値創造価値共創クリエーティングシェアードバリュー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

IT用語がわかる辞典の解説

シーエスブイ【CSV】

表計算ソフトやデータベースで用いられるファイル形式のひとつ。データをカンマで区切って並べたテキストファイルで、汎用性が高く、異なるアプリケーションソフトで利用することができる。◇「comma separated values」の頭文字から。「カンマ区切り」ともいう。タブで区切るものを「TSV」という。⇒TSV

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

CSV

〖comma separated value〗
データベースなどで、各項目のデータをカンマで区切ったテキスト形式のファイル。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

CSV
しーえすぶい

comma separated valuesの略称で、データごとに半角のコンマ「,」などで区切ったテキストファイルのこと。ファイル名には拡張子csvがつく。表計算やデータベースなどの汎用(はんよう)形式として使用されている。
 専用の表計算ソフトウェアやデータベースでデータを作成した場合、同じアプリケーションでなければ他のユーザーとデータの共有はむずかしい。しかしCSV形式で保存することにより、作成したものと異なる表計算ソフトなどで内容を表示・確認することができる。CSV形式のファイルは、テキストデータであるため、メモ帳などのテキストエディターやワープロソフトでも作成・修正できる。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

CSVの関連キーワードジャンクロード ユンケルソーシャルインパクトセイドゥ ドゥンビアセパレーターコンマ区切りデリミタードゥンビア理科年表SSV

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

CSVの関連情報