経営理念(読み)けいえいりねん(英語表記)management philosophy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

経営理念
けいえいりねん
management philosophy

企業の個々の活動方針のもととなる基本的な考え方。創業者や経営者によって示されたものが多い。企業内部に向けては社員の行動指針となり,企業の一員としての自尊心を高めようとする。また社会に対して企業のイメージをアピールするねらいもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

けいえいりねん【経営理念 business philosophy】

企業の創設者および経営者が,その企業経営にもっている基本的考え方。企業理念経営信条経営哲学などといわれることもある。それは,企業の社会的な役割についての信念として表現されることもあり,企業内の管理・運営についての考え方として表現される場合もある。通常,経営理念はその企業の活動する社会での一般的な文化構造,またその企業の事業の種類などを反映している。そのため経営理念は,国によって,また時代によって異なることがありうる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

経営理念
けいえいりねん
management philosophy

経営者が経営活動を通じて実現しようとして抱懐している信念、信条、理想、イデオロギーなどの価値をいう。経営信条、経営哲学などとほぼ同義とみてよい。経営理念は、経営目標management goalとともに、経営目的management objectiveを構成する。経営目的とは、経営活動の目ざす望ましい到達状態であるが、経営理念はその価値的表現であり、経営目標はその事実的表現(利潤率など)である。経営理念は多くの場合、社是、社訓、綱領、指針、社歌のような形で客観的に表現されている。経営活動への浸透をより深めるためには、このような成文化はきわめて有効である。日本の企業では、これまで創業者の経営理念をそのまま継承し、国家社会のなかに企業を位置づけ、企業の社会的機能を崇高な使命として説き、業務の遂行にあたっては協力、献身、勤勉、礼節などを呼びかけるものが非常に多かった。このような傾向は、明治以来の富国強兵、産業立国を柱にした国策という環境要因と、さらにそれ以前からあった儒教的な礼楽刑政(礼=世の秩序、楽=音楽=人心の融和、刑政=刑罰と善政)を説いた経国済民(国家を経営し、人民の難儀を救う)の道に深く影響されたものと考えられる。そこでは、儒教的仁義と集団主義がその根幹になっていた。1980年代以降、こうした伝統的理念に加え、あるいはそれらにかえて、顧客中心、企業価値最大化、創造と前進のような現代的企業観に即した理念を掲げる事例が急速に増えつつある。[森本三男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

経営理念の関連情報