DAGMAR(読み)ダグマー

デジタル大辞泉の解説

ダグマー【DAGMAR】[Defining Advertising Goals for Measured Advertising Results]

Defining Advertising Goals for Measured Advertising Results》目的による広告効果管理法。広告効果を、認知・理解・選好・購買という態度変容の各段階についてあらかじめ目標設定し、この目標と実際の調査結果とを照合して、広告活動を管理しようとするもの。1961年、米国のR=H=コーレイが創案した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

流通用語辞典の解説

DAGMAR

ダグマー。米国の広告主協会が、1961年Bに広告効果測定についての研究を求めて好評。その署名の頭文字(Defining AdvertisingGoal for Measured Advertising Results)をとってダグマーと呼んでいる。企業の広告活動はあらかじめ設定された目標の達成をめざすことにあり、広告成果も広告効果分析として科学的に測定されなくてはならないとされている。これを発表した要因は、広告費が増大する傾向にありながら、その効果があいまいであることから、広告効果測定に関する統一基準をつくり、広告管理の方法を導き出したいことにあった。

出典 (株)ジェリコ・コンサルティング流通用語辞典について 情報

今日のキーワード

大阪桐蔭高等学校

大阪府大東市にある男女共学の私立高校。1983年、大阪産業大学高等学校(現・大阪産業大学附属高等学校)の分校として設置され、1988年に現名称で独立した。神奈川県横浜市にある桐蔭学園高等学校とは無関係...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android