コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

EDP会計 イーディーピーかいけいaccounting by electronic data processing system

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

EDP会計
イーディーピーかいけい
accounting by electronic data processing system

コンピュータ会計ともいう。一般的には会計の事務処理にコンピュータを利用し,迅速,正確,精密,経済的な処理を目指し,省力化をはかるものをさす。しかし今日ではコンピュータの利用も高度に発達し,それを組込んだ高度の会計情報システムが形成され,この場合には EDP会計は会計情報システムと混然一体となっている。いずれにせよその中心は記録,計算,点検,分類,製表などの作業であり,定型的処理が多い。このため処理システムの明確化や会計処理の作業プログラム化が必要となる。また会計へのコンピュータの導入は会計監査の面にも大きな影響を与えている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

EDP会計
いーでぃーぴーかいけい
accounting by electronic data processing

旧来の手動記録・計算による会計組織に対して、コンピュータを会計記録・計算の中核に据えた会計組織もしくはその手法。日本の企業経営にコンピュータが本格的に登場したのは1960年代といわれているが、規則的に記録・計算を繰り返す経常的な会計処理にコンピュータを導入することは容易であったために、ほぼ同時期にその活用が始まった。大規模なものからパソコンまでを含め、今日までその浸透は急展開の様相を呈し、企業規模を問わず、会計プロセス(記録・計算・報告)の全般がコンピュータによって運営されている。通常は、コンピュータ会計と同義と理解されている。
 EDP会計時代の企業監査は、財務諸表監査に加えてEDPシステムそのものが信頼性や安全性の観点から適切に機能しているかどうかについての監査が必要となる。IT(情報技術)社会における会計監査は、こういった会計システムの機構全体に対しての総合的な監査手続が不可欠となっている。[東海幹夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android