GPGPU(読み)ジーピージーピーユー

  • general purpose graphics processing unit

デジタル大辞泉の解説

general purpose graphics processing unit》高速で画像処理演算を行うGPUを、画像処理以外の目的で利用する技術。また、そのためのGPU。単純だが同種の大量の計算を繰り返し行う必要がある科学技術計算などに向く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

行列計算に特化したコプロセッサー。汎用(はんよう)グラフィク処理ユニットGeneral Purpose Graphic Processing Unitに語源をもつ。GPGPUのアーキテクチャーは、もともとはコンピュータ・グラフィクスのための処理装置(GPU)として開発された。インテル製のX86プロセッサーなど、通常の中央処理装置(CPU)は、データベース処理やネットワークの処理など、さまざまな処理を効率よくこなすが、かならずしもコンピュータ・グラフィクスの計算が得意なわけではない。リアルタイムのコンピュータ・グラフィクスを必要とするコンピュータ・ゲームの世界では、グラフィクス性能を向上させるための専用の拡張ボードが早くから開発されていた。その後、NVIDIA(エヌビディア)社がこのグラフィクス用のアーキテクチャーを、汎用の行列計算に使えるようにソフトウェアライブラリーを整備し、汎用GPU(GPGPU)とよばれるようになった。ディープラーニング(深層学習)が注目されてからは、ディープラーニングの主要な計算が行列計算であるために、その処理を高速化するためのハードウェアとして注目されるようになった。最先端のディープラーニングの訓練には、多数のGPGPUを並列に稼働させることが不可欠となっている。

[丸山 宏 2019年4月16日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android