コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

H-IIロケット エイチツーロケットH-II Launch Vehicle

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

H-IIロケット
エイチツーロケット
H-II Launch Vehicle

宇宙開発事業団 NASDA(→宇宙航空研究開発機構 JAXA)が開発した衛星打ち上げ用ロケット。H-Iロケットの後継機で,主要な技術すべてが国内で開発された。液体酸素‐液体水素によるロケットエンジンを 2段式ロケットの両段に備えている。1994年から 1999年までに 7機が打ち上げられ,10個の衛星を地球周回軌道に投入した。
H-IIロケットを全体にわたって再設計し,海外の安価な製品を利用,構造の簡素化などにより打ち上げ費用の削減と信頼性の向上をはかったものが H-IIAロケットである。静止トランスファー軌道への打ち上げ能力は 3.8~5.8tで,H-IIと同等から約 1.5倍の能力である。2001年夏に試験機 1号機が打ち上げられて以来,16回中 15回の打ち上げに成功。なお 2007年の 13号機から,打ち上げ作業を含めて H-IIA打ち上げ関連業務のほとんどが民間企業である三菱重工業に移管された。また商業打ち上げの受注活動も,三菱重工業が行なうことになった。
日本は 1997年から国際宇宙ステーション ISSへの物資補給を行なう宇宙ステーション補給機 HTVの計画を進めてきた。HTVの質量は当初 15tと設定され,H-IIA標準型では打ち上げることができなかったため,1996年から H-IIAの増強型として H-IIBロケットの開発を進め,2009年9月に 1号機を打ち上げた。H-IIBは HTVだけでなく,静止衛星の打ち上げも想定している。静止トランスファー軌道への投入能力は 8tで,商業打ち上げで大きなシェアをもつヨーロッパ宇宙機関 ESAのアリアンVロケットに近い能力を有する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

H-IIロケットの関連キーワード角田市スペースタワー・コスモハウスH2 Orbiting Plane宇宙実験・観測フリーフライヤH種子島宇宙センター熱帯降雨観測計画HJフリーフライヤHⅡAロケットひまわりTRMMみどりきく

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android