コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

KPI KPI

3件 の用語解説(KPIの意味・用語解説を検索)

ブランド用語集の解説

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。

出典|(株)日本ブランド戦略研究所
(C) 2010 Japan Brand Strategy, Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ケー‐ピー‐アイ【KPI】[key performance indicator]

key performance indicator》重要業績評価指標。企業などの組織において、個人や部門の業績評価を定量的に評価するための指標。達成すべき目標に対し、どれだけの進捗がみられたかを明確にできる指標が選択される。これをもとに、日々の進捗把握や業務の改善などが行われる。→ケー‐ジー‐アイ(KGI)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

KPI
けーぴーあい

政府、企業、団体、個人などが一定の目標達成に向かってそのプロセスが順調に進んでいるかどうかを点検するための、もっとも重要な指標。経営学から発生した概念で、英語のKey Performance Indicatorの略語である。日本では「重要業績評価指標」「重要達成度指標」「重要成果指標」などと訳されることが多い。KGI重要目標達成指標)として、たとえば、売上高、入学希望者数、納税率などを設定することが多いのに対し、KPIとしては顧客からの引き合い件数、学校訪問回数、滞納者数などを指標に設け、日次、週次、月次など一定期間ごとに数値をチェックして進捗(しんちょく)状況を管理する。また、KGIが1年や5年といった長期間を対象とするのに対し、KPIは短期間で結果のわかる数値を指標にするという違いがある。
 経営学では、最終目標を実現するための手段としてCSF(主要成功要因)を策定し、その手段が正しく成果に向かって機能しているかどうかをKPIで定期的に測定する。KPIは定量的に表すことができるが、指標として振れが少ない数値を選ぶ必要がある。民間企業では、マーケティングのKPIとして新規顧客獲得数、顧客の回転率、リピート率、決済遅滞・未払い件数、解約件数などを採用する例が多い。日本では2000年代以降、大企業を中心に企業活動を(1)財務、(2)顧客、(3)業務プロセス、(4)人材の学習と成長、の4点から評価するBSC(バランス・スコアカード)という経営手法がとられるようになった。BSCでは、KPIのほかKGIやCSFを設定し、繰り返し点検する手法がとられる。とくにインターネット関連業界では、サイトへの訪問回数などのKPIをマーケティング手法として活用するのが一般的である。また安倍晋三(あべしんぞう)政権は成長戦略を推進するため、2013年(平成25)に策定した日本再興戦略で初めて政策目標としてKPIを採用し、以後、地方自治体などさまざまな政策分野でKPIが活用されるようになった。[矢野 武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

KPIの関連キーワードCDキー口と腹とは違うことは然りとはとは言えいとはんキーターム何とは無しパフォーマンスマネー競走成績 (racing performance)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

KPIの関連情報