コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

物理単位 ぶつりたんい physical unit

2件 の用語解説(物理単位の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

物理単位
ぶつりたんい
physical unit

物理量の大きさを数値で表わすために定められた計量上の比較の基準。ある物理量 A の大きさが同種の物理量の大きさ aのĀ個分に等しいとき,単位 aに関して量 A は数値Āをもち, と書く。少数個の物理量の単位を与えれば,物理関係式を用いて,これらの単位から他の物理量の単位を組立てることができる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

図書館情報学用語辞典の解説

物理単位

書誌単位を分割して形態的に独立した部分1点ずつについて記述する単位”(『日本目録規則1987年版改訂3版』用語解説).『日本目録規則新版予備版』における記述対象の設定は,これを原則に位置付けていた.『同1987年版』からは,それは「書誌単位」を補足する位置付けに置かれており,“資料の管理や所蔵記録のため,1点ずつの書誌的記録が必要なとき”,あるいは“目録とか出版物リストに収録するとき,1点ずつの書誌的記録を作成する必要があるとき”に採用することができるとしている.多くの単行資料は,書誌単位による把握と物理単位による把握とが同一結果となるが,形態的に2点以上からなり,その各部分に固有のタイトルのない資料などについては,両単位による把握結果が異なるものとなる.なお,個々の図書館におけるそれぞれの資料の複本などを区別する単位も,同様に「物理単位」(もしくは「資料物理単位」)と呼ばれることがあるが,これは通常,所蔵事項に含まれることがらである.

出典|図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

物理単位の関連キーワードTB量子化勾配測定単位ホン物理量目盛計量値Π定理

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone