コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

MRO えむあーるおー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

MRO

企業内で日常的に使用される文具、紙、OA機器などのサプライ用品のこと。MROの調達は、早くから効率化が求められていたため、企業向け電子商取引(BtoB)がいち早く普及した。文具のネット販売で成功をおさめた企業としてアスクルが有名。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

エム‐アール‐オー【MRO】[Mars Reconnaissance Orbiter]

Mars Reconnaissance Orbiter》⇒マーズリコネサンスオービター

エム‐アール‐オー【MRO】[maintenance, repair and operation]

maintenance, repair and operation》企業などで日常的に用いられる消耗品・補修用品・備品などの総称。経費購買の対象となる間接材調達物を指す。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

MRO

〖maintenance, repair and operations〗
企業が経費で購入する雑多な物品の総称。文具、書籍、工場での作業用品、機械部品など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

MRO
えむあーるおー

消耗品や補充品などオフィスや工場で日常的に使う用品や、それに伴う保守サービスを示すことば。英語のmaintenance, repair and operations(補充、修理、操業)の略語。文房具、OA機器用品、食器・トイレタリー、照明機器のほか、設備や機器の修理用部材、コピー機の保守サービス、出張時のチケット購入サービスなどが該当する。もともと製造業において、生産に直結する原材料や部品などの直接資材に対し、消耗品、補修用品、保安資材、燃料などの間接資材をMROとよんでいた。1990年代からのインターネットの普及に伴い、企業間取引(B to B)においてネットを活用した間接資材調達の効率化が潮流となり、この流れのなかでMROということばが一般にも使われるようになった。電子商取引によるMRO調達は低コスト、短時間で調達業務をこなせるほか、在庫を適正化できるという利点もある。
 従来、MROの調達は、中小・零細企業から多品種の資材を、少量ずつ、多頻度で、不定期に行う傾向があり、業務のシステム化が難しく、非効率であった。またMRO調達のコストが全経費に占める割合は小さいものの、調達の事務処理に時間や人手がかかり人件費がかさむという難点もあった。インターネットの普及でMRO調達のシステム化が可能になり、多くの企業が購入経費節減のため電子商取引を活用した効率化に取り組んだ。これにより文房具ネット販売のアスクルなどMRO調達支援サービスを提供する企業が登場し、MRO調達支援ビジネスは有望なネット関連事業として急成長した。2015年時点での日本における同サービスの提供企業にはカウネット、たのめーる、ミスミなどがあり、工具通販のMonotaRO(モノタロウ)というMROにちなんだ名の企業も誕生している。[矢野 武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

MROの関連キーワードフレミング(Sir Alexander Fleming)フォード(John Ford(1895―1973))ゴダール(Jeanニューヨーク・フィルハーモニー交響楽団オムロン フィールドエンジニアリングMonotaRO(モノタロウ)オムロン ティー・エー・エススティーブ・マックイーンマケドニア内部革命組織内部マケドニア革命組織デーリー・テレグラフニコラ グルエフスキオムロン パーソネルオムロン関西制御機器モーリタニアの要覧ストレプトカープスヘルストリョームマケドニア共和国マイクロバーストギョクチェアダ島

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

MROの関連情報