コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

NASDAQ なすだっく

6件 の用語解説(NASDAQの意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

NASDAQ

世界最大の新興企業向け株式市場National Association of Securities Dealers Automated Quotationsの頭文字をとったもの。物理的な立会場はなく、コンピューターネットワークを利用して株式を売買する「店頭銘柄気配自動通報システム」で運用されている。管理・運営は全米証券業協会(NASD)。1971年2月8日に、世界初の電子株式市場として証券取引が開始された。2013年6月現在、ハイテクベンチャー産業を中心に約5000社が上場している。

(2013-6-3)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ナスダック【NASDAQ】[National Association of Securities Dealers Automated Quotations]

National Association of Securities Dealers Automated Quotations》全米証券業者協会(NASD)が1971年に導入したコンピューターによる株式の電子売買システム。また、このシステムを用いた店頭取引市場のこと。この市場にはマイクロソフトインテルグーグルヤフーアマゾンなどのハイテク・インターネット関連企業が数多く上場している。→ヘラクレス

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

NASDAQ【ナスダック】

全米証券業協会の管理下で,1971年から運用されている〈米国店頭銘柄気配自動通報システム〉の略称。正称はNational Association of Securities Dealers Automated Quotation。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

株式公開用語辞典の解説

NASDAQ

National Association of Securities Dealers Automated Quotationsの略。日本語での通称は「ナスダック」。NASD(全米証券業協会)が運営するシステムで、店頭銘柄のマーケットメイカーの売買の呼び値を通知するもの。

出典|株式公開支援専門会社(株)イーコンサルタント
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

FX用語集の解説

NASDAQ

NASDAQ(National Association of Securities Dealers Automated Quotations)は、1971年に全米証券業協会(NASD)の主催でニューヨークに開設された株式市場で、ハイテク関連企業やインターネット関連企業が数多く上場いるのが特長です。NASDAQで取引されている約5,500銘柄のすべてを時価総額加重平均で算出した指数が「ナスダック総合指数」で、1971年2月5日の株価を基準値100として算出されております。

出典|(株)外為どっとコム
(C)2002-2010 Gaitame.com Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

NASDAQ
なすだっく

全米証券業協会(National Association of Securities Dealers:NASD)の管理の下、1971年2月から稼働を始めたアメリカの店頭銘柄気配自動通報システム。National Association of Securities Dealers Automated Quotationsの頭文字をとって名づけられた。今日では、このシステムを利用して取引される市場全体をさす呼称として定着している。
 NASDAQでは、マーケット・メーカーとしての証券会社が、取扱い銘柄について売り・買いそれぞれの呼び値(気配の値段)をコンピュータに入力すると、その情報が端末機の画面に示される。投資家はそれらのなかからもっとも好ましいマーケット・メーカーに売買注文を出すことになる。このシステムが稼働したことで、マーケット・メーカー間の競争も促進され、店頭市場における価格形成の透明性が飛躍的に向上した。
 NASDAQは、ナスダック証券取引所(NASDAQ Stock Market, Inc.)により運営されており、同システムはアメリカ最大の店頭銘柄の電子証券取引所(electronic communication network:ECN)となっている。公開基準が緩やかであることから、ハイテク産業などのベンチャー企業にとって魅力ある資金調達の場となっており、投資家にとっても成長企業を発掘するうえで有効な機会を提供している。
 なお日本では、2000年(平成12)5月にNASDと提携したナスダック・ジャパン市場が大阪証券取引所(大証。現、大阪取引所)に開設されたが、その後NASDが日本からの撤退を決めたため、2002年12月以降は「ヘラクレス」に名称変更された。さらに、ヘラクレスは2010年10月にJASDAQに統合され、JASDAQは2013年1月の大証と東京証券取引所(東証)グループとの経営統合に伴い、同年7月以降は東証により運営されている。[高橋 元]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のNASDAQの言及

【店頭市場】より

… 株式店頭市場を活性化するために,83年11月から登録基準の緩和,公募増資基準の新設,アメリカのマーケット・メーカー制度にならった登録銘柄ディーラー制度(TD制度)の導入,などを骨子とする改善措置が実施された。アメリカの店頭市場はNASDAQ(ナスダツク)(店頭銘柄気配自動通報システムNational Association of Securities Dealers Automated Quotationの略)によりたいへん活況を呈している。NASDAQはマーケット・メーカーの買呼値と売呼値が,証券会社や投資家のコンピューター端末に即座に表示されるシステムであるが,またこのシステムによって取引されるアメリカの店頭市場そのもののこともいう。…

※「NASDAQ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

NASDAQの関連キーワードナスダック(NASDAQ)NFNSAANSPNCINBSNIMSナスダック(NASDAQ:National Association of Securities Dealers Automated Quotation)ナスダック総合指数(NASDAQ composite index)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

NASDAQの関連情報