コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

店頭株 てんとうかぶ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

店頭株

証券取引所ではなく、証券会社の店頭で取引されている株式のことを上場株に対して店頭株という。店頭株は大きく、登録銘柄と管理銘柄に分かれる。登録銘柄は日本証券業協会が定める基準を満たしているが、まだ上場はなされていない株式である。一方、管理銘柄はかつて取引所で上場されていたが、上場条件からはずれたために、店頭管理になっている株式である。上場株は取引所での価格競争によっておおよその値段が決定される。一方、店頭株は証券会社と投資家間の交渉のみで価格が決定される。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

百科事典マイペディアの解説

店頭株【てんとうかぶ】

取引所に上場されていない株式で,証券業者の店頭でのみ売買される株式。日本証券業協会では店頭取引の健全化のため,1963年から一定の基準を設けて店頭株を協会に登録する制度を実施しており,この株を店頭登録銘柄と呼び,店頭取引は相対(あいたい)売買とした。
→関連項目公開会社場外取引東京証券取引所[株]NASDAQ非上場株

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

てんとうかぶ【店頭株】

証券会社の店頭で売買される非上場株。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

店頭株の関連キーワードジャスダック(JASDAQ)ハードウィック シモンズベンチャー・キャピタルナスダック・ジャパンナスダックジャパンフランク ザーブJASDAQEASDAQヘラクレス店頭企業一吉証券相対売買場外株OTC孫正義

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android