コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

NCR エヌシーアール NCR Corporation

2件 の用語解説(NCRの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

NCR
エヌシーアール
NCR Corporation

アメリカ合衆国の情報処理機器メーカー。1884年「近代的セールスマンシップの父」と呼ばれるジョン・ヘンリー・パターソンが金銭登録機メーカーのナショナル・マニュファクチュアリングを買収し,ナショナル・キャッシュレジスタを設立。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

NCR
えぬしーあーる
NCR Corp.

アメリカのデータ処理機器メーカー。世界最大のキャッシュレジスター金銭登録機)メーカーとして成長を遂げた。1970年代以降はコンピュータ化に伴い、レジスターのみならずさまざまなデータ処理機器を設計、開発、販売する。おもな事業部門はPOS(ポス)ターミナルなどを扱う流通システム部門、現金自動支払機などを扱う金融システム部門、ハードウェア、ソフトウェアを統合したコンピュータシステム部門などである。
 同社の発祥は、1884年に創業者ジョン・ヘンリー・パターソンJohn Henry Patterson(1844―1922)がオハイオ州デイトンに設立したナショナル・キャッシュ・レジスターNational Cash Register Co.である。1974年に略称のNCRを正式社名とした。1912年にはアメリカの金銭登録機市場の90%を獲得し、「ザ・キャッシュ」と通称されるまでになった。また、のちにCTR(現、IBM)の社長に就任したトーマス・J・ワトソンが1895年から同社で働いていたのは、有名なエピソードである(ワトソンは1913年、NCRの独禁法有罪判決に連座し同社を去った)。1970年に世界初のPOSターミナル、翌年には電子レジスター、オンライン現金自動支払機を発表し、その後は業務の中心をコンピュータ部門に移していった。
 1990年代の同社製品の中心は商業用コンピュータシステムにあり、企業のビジネスシステムの変革に伴い成長してきた会社である。1991年にAT&Tと合併してコンピュータ事業を担うビジネスユニットとして吸収されたが、1997年にはふたたび分離独立した。2008年の売上高は53億1500万ドル、純利益は2億2800万ドル。日本では、1920年(大正9)に日本金銭登録機(現、日本NCR)が設立された。日本法人の2008年(平成20)の売上高は359億7100万円。[萩原伸次郎]
『栗田昭平著『消費者主権時代のコンピューティング――NCRのスケーラブル・データ・ウェアハウス』(1998・コンピュータ・エージ社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

NCRの関連キーワードアングロアメリカ北アメリカアメリカン合衆国ネブラスカ米利堅亜米利加アメリカ連合国アメリカ合衆国最高裁判所アメリカ合衆国陸軍士官学校

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

NCRの関連情報