コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

NCR エヌシーアールNCR Corporation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

NCR
エヌシーアール
NCR Corporation

アメリカ合衆国の情報処理機器メーカー。1884年「近代的セールスマンシップの父」と呼ばれるジョン・ヘンリー・パターソン金銭登録機メーカーのナショナル・マニュファクチュアリングを買収し,ナショナル・キャッシュ・レジスタを設立。セールスマンの育成やアフターサービスの導入により,小売業の近代化に指導的役割を演じた。その後は会計機やコンピュータ,現金自動支払機 CD,POSシステムなど新製品の開発に力を注ぎ,1974年略称であった NCRを正式社名に変更。1991年アメリカン・テレフォン・アンド・テレグラフ(→AT&T)に買収され,1994年 AT&Tグローバル・インフォメーション・ソリューションズに改称。1996年 AT&Tの事業再編に伴い再び NCRに社名変更し,翌 1997年 AT&Tから独立した。その後はソフトウェア会社などの買収により,ビジネスソリューションを総合的に扱う企業へと発展。現金自動預入支払機 ATM,バーコード・スキャナ(→バーコード),各種コンピュータ,事務用品などの製造・販売のほか,企業の ITシステムの設計・導入などの事業を展開する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

NCR
えぬしーあーる
NCR Corp.

アメリカのデータ処理機器メーカー。世界最大のキャッシュレジスター(金銭登録機)メーカーとして成長を遂げた。1970年代以降はコンピュータ化に伴い、レジスターのみならずさまざまなデータ処理機器を設計、開発、販売する。おもな事業部門はPOS(ポス)ターミナルなどを扱う流通システム部門、現金自動支払機などを扱う金融システム部門、ハードウェア、ソフトウェアを統合したコンピュータシステム部門などである。
 同社の発祥は、1884年に創業者ジョン・ヘンリー・パターソンJohn Henry Patterson(1844―1922)がオハイオ州デイトンに設立したナショナル・キャッシュ・レジスターNational Cash Register Co.である。1974年に略称のNCRを正式社名とした。1912年にはアメリカの金銭登録機市場の90%を獲得し、「ザ・キャッシュ」と通称されるまでになった。また、のちにCTR(現、IBM)の社長に就任したトーマス・J・ワトソンが1895年から同社で働いていたのは、有名なエピソードである(ワトソンは1913年、NCRの独禁法有罪判決に連座し同社を去った)。1970年に世界初のPOSターミナル、翌年には電子レジスター、オンライン現金自動支払機を発表し、その後は業務の中心をコンピュータ部門に移していった。
 1990年代の同社製品の中心は商業用コンピュータシステムにあり、企業のビジネスシステムの変革に伴い成長してきた会社である。1991年にAT&Tと合併してコンピュータ事業を担うビジネスユニットとして吸収されたが、1997年にはふたたび分離独立した。2008年の売上高は53億1500万ドル、純利益は2億2800万ドル。日本では、1920年(大正9)に日本金銭登録機(現、日本NCR)が設立された。日本法人の2008年(平成20)の売上高は359億7100万円。[萩原伸次郎]
『栗田昭平著『消費者主権時代のコンピューティング――NCRのスケーラブル・データ・ウェアハウス』(1998・コンピュータ・エージ社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

NCRの関連キーワードワトソン(Thomas John Watson)ナショナル・キャッシュレジスター[会社]日本エヌ・シー・アール[株]コンクリート・アイランド日本エヌ・シー・アールホイットワースの定理ピットゥンクリフ公園暗殺のアルゴリズムグレン フクシマプチ・グラニットベルヌーイの定理AT&T[会社]バライト・ドルシンブロサイト順列・組合せエラスターゼ日本目録規則慣用暗号方式ユン チアン順列・組合せ

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

NCRの関連情報