OS/2(読み)オーエスツー

百科事典マイペディア「OS/2」の解説

OS/2【オーエスツー】

32ビットパソコンのために,IBM社が開発したOSオペレーティングシステム)。当初マイクロソフト社と共同開発であったが,その後マイクロソフト社がMicrosoft Windowsに力を入れたためIBM社の単独開発となった。LANサポート,データベースサービスをサポートする。メモリー空間が,MS-DOSの640キロバイトに対して,16メガバイトあることが最大の特徴である。このため,プログラムサイズの大きなアプリケーションソフトを実行すること,複数のソフトを同時に動かすこと(マルチタスク)などが可能である。また,マルチウィンドウサービスも提供している。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ASCII.jpデジタル用語辞典「OS/2」の解説

OS/2

1987年、米IBM社とマイクロソフトが開発したOS。PC/AT互換機上で動作する。オブジェクト指向GUIやプリエンプティブマルチタスク機能、Windows 3.1やPC DOSのソフトウェアを動作させることもできるWin-OS2という機能を搭載する。Ver3.0から、OS/2 Warpという名称に変更された。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

世界大百科事典内のOS/2の言及

【オペレーティングシステム】より

…Windows95/98には統合された。OS/2,OS/2ワープIBMのパソコン向けのOS。最初はマイクロソフト社と共同開発だったが,バージョン2からは独自開発。…

※「OS/2」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

個人メドレー

競泳種目の一つ。同一個人が定められた距離をバタフライ,背泳ぎ,平泳ぎ,自由形の順に続けて泳ぐ。個人メドレーの際の自由形は,他の3種以外でなければならないため,クロールで泳ぐのが一般的。次の泳法への移行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android