コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

SOA そあ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

SOA

散在する各アプリケーションを業務機能(サービス)ととらえ、アプリケーションの連携や統合を行うシステム設計手法のこと。「サービス指向アーキテクチャー」とも呼ばれる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

エス‐オー‐エー【SOA】[service-oriented architecture]

service-oriented architecture》利用者の立場から情報システムを構築する手法。動作環境や開発言語という視点ではなく、利用者が享受するサービスという視点から包括的に構築する。サービス指向アーキテクチャー。ソア。

エス‐オー‐エー【SOA】[semiconductor optical amplifier]

semiconductor optical amplifier》⇒半導体光増幅器

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

SOA
えすおーえー

Service Oriented Architectureの略語。個々のアプリケーションがもつ機能を「サービス」ととらえ、それらをユーザーが求めるビジネスフローに応じて柔軟に組み合わせることで、システム全体を構築していこうという考え方やシステム設計の手法。サービス指向アーキテクチャー(設計思想)。
 さまざまなシステムやアプリケーションが混在するビジネス環境において、インターフェースの共通化による連係機能強化とネットワークの活用で、複雑化したシステム環境を統合しようとするものである。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

SOAの関連キーワード.NET Enterprise ServersMetaCreations社カリセッケン(カリ石鹼)マイクル クロウフォードタイモン スクリーチロバート ユーリックジェニファー ソルトPhoto Soapマスアラ国立公園ソープバスケットWDHA症候群消化管ホルモンヌーノ ゴメスWebサービスウェブサービスSOAレコードデラブランチヤアスコルビン酸イブン・ズフルR. クラーク

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

SOAの関連情報