SOA(読み)えすおーえー

日本大百科全書(ニッポニカ)「SOA」の解説

SOA
えすおーえー

Service Oriented Architectureの略語。個々のアプリケーションがもつ機能を「サービス」ととらえ、それらをユーザーが求めるビジネスフローに応じて柔軟に組み合わせることで、システム全体を構築していこうという考え方やシステム設計の手法。サービス指向アーキテクチャー(設計思想)。

 さまざまなシステムやアプリケーションが混在するビジネス環境において、インターフェースの共通化による連係機能強化とネットワークの活用で、複雑化したシステム環境を統合しようとするものである。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「SOA」の解説

エス‐オー‐エー【SOA】[semiconductor optical amplifier]

semiconductor optical amplifier》⇒半導体光増幅器

エス‐オー‐エー【SOA】[service-oriented architecture]

service-oriented architecture》利用者の立場から情報システムを構築する手法。動作環境や開発言語という視点ではなく、利用者が享受するサービスという視点から包括的に構築する。サービス指向アーキテクチャーソア

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ASCII.jpデジタル用語辞典「SOA」の解説

SOA

散在する各アプリケーションを業務機能(サービス)ととらえ、アプリケーションの連携や統合を行うシステム設計手法のこと。「サービス指向アーキテクチャー」とも呼ばれる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android