コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

SPレコード エスピーレコード

2件 の用語解説(SPレコードの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

SPレコード【エスピーレコード】

シェラックを主材とするレコードで毎分78回転。直径30cmのもので片面約5分の演奏時間がある。SPはstandard playing(標準演奏)の略で,LPレコードと区別するためにできた名称。
→関連項目蓄音機レコード

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

SPレコード
えすぴーれこーど

standard playing recordの略称。回転数は1分間78回転で、曲率半径2.5ミル(63.5マイクロメートル)の再生針に対応する音溝(おとみぞ)をもつレコード。直径25および30センチメートルが標準で、30センチメートルの場合、演奏時間は片面約5分である。鋼鉄製の再生針を使うため、その硬さに耐えられるよう、硬度の高い材料が必要であった。この要求を満たすものとして、酸化アルミニウムや硫酸バリウムの粉末をセラック(動物性の天然樹脂。シェラックともいう)と混合した材料を用いた。硬度は高かったが、もろいためレコードを落下させたり針を乱暴にレコード面に当てたりすると割れたり損傷したりする欠点があり、取扱いに注意が必要であった。長い間レコードの主流として広く使われ、名称もその実績に由来する。しかしLPレコード、EPレコードの開発以後、主流の座をこれらに譲り、国内での生産は1970年(昭和45)ころをもって終了している。[吉川昭吉郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

SPレコードの関連キーワードHDDビデオレコーダーシェラン島オフィシャルレコードシェラックレコードコンサートレコードホルダーシェラックワニスデジタルレコーディングパーソナルレコーディングモノラルレコード

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

SPレコードの関連情報