コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《糸杉》 いとすぎ

世界大百科事典内の《糸杉》の言及

【ゴッホ】より

…いわゆる〈ゴッホの耳切り事件〉という悲劇的な結末をみたゴーギャンとの共同生活を別にすれば,アルル時代はゴッホにとって実り豊かなものであった。この時期の《ひまわり》《麦畑》《糸杉》などでは,ぎらぎらした量感ある色彩とうねるような筆触によって,原初的ともいうべき自然のエネルギーを画面に噴出させ,また《夜のカフェ》(1888)では,強烈なコントラストによって,カフェにたむろする人間存在の狂気すらあばきだした。ゴッホ自身狂気と無縁でなく,89年5月サン・レミの精神病院に収容された。…

※「《糸杉》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

《糸杉》の関連キーワードJ.M. ヒロネーリャコレギウム・アウレウムイタリアンサイプレスミゲル デリーベスサンタンジェロ城ゴッホ(年譜)スルツエイ火山ヒロネーリャキュルチスペーズリーヒロネリャデリベスパスコリキプロス愛の歌アダドクロス星月夜ゴッホ糸杉