コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《糸杉》 いとすぎ

世界大百科事典内の《糸杉》の言及

【ゴッホ】より

…いわゆる〈ゴッホの耳切り事件〉という悲劇的な結末をみたゴーギャンとの共同生活を別にすれば,アルル時代はゴッホにとって実り豊かなものであった。この時期の《ひまわり》《麦畑》《糸杉》などでは,ぎらぎらした量感ある色彩とうねるような筆触によって,原初的ともいうべき自然のエネルギーを画面に噴出させ,また《夜のカフェ》(1888)では,強烈なコントラストによって,カフェにたむろする人間存在の狂気すらあばきだした。ゴッホ自身狂気と無縁でなく,89年5月サン・レミの精神病院に収容された。…

※「《糸杉》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《糸杉》の関連キーワードコレギウム・アウレウムJ.M. ヒロネーリャイタリアンサイプレスミゲル デリーベスサンタンジェロ城ゴッホ(年譜)スルツエイ火山ヒロネーリャキュルチスヒロネリャペーズリーキプロスパスコリデリベスアダドクロスゴッホ星月夜愛の歌糸杉

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android