コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《経蔵》 きょうぞう

世界大百科事典内の《経蔵》の言及

【阿含】より

…釈尊すなわちゴータマ・ブッダの入滅後,その教法(ダンマ)や教団の規律(ビナヤ)は,記憶しやすい詩や短文の形で,口伝によって継承された。その後教団の確立にしたがい,教法は《経蔵Sutta‐piṭaka》に,規律は《律蔵Vinaya‐piṭaka》に,それぞれ集大成された。このうち経蔵は,長,中,相応,増支の阿含あるいはニカーヤnikāya(部)に分けられていて,全体を総称して阿含,阿含経という。…

※「《経蔵》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

《経蔵》の関連キーワードワットヤイスワンナーラーム京都府京都市東山区林下町長野県長野市長野元善町ワットトゥンシームアン奈良県奈良市法華寺町新潟県十日町市上野甲華厳寺(中国)ワットアトビア武蔵国分寺跡三蔵(仏教)絮柳館髪兒丸海竜王寺トマノン如是我聞七堂伽藍校倉造り阿毘達磨大長寿院中尊寺法勝寺