あぶってかも

日本大百科全書(ニッポニカ)「あぶってかも」の解説

あぶってかも

福岡市の郷土料理。現在は旅館、料理屋でも出している。鉢またはこんろに炭火をおこし、上に網を置き、まるまると太っている小魚を焼いてすぐ食べる。あぶって食べると(かも)の味がするというので、この名がついた。この魚はスズメダイ科の小魚で、多くの種類があるが、大きさは12センチメートル内外、全身紫色を帯びた黒色である。異名が多く、和歌山県で「なべこさげ」「なべとり」、淡路島で「おせんころし」、神奈川県三崎では「ごんごろう」。晩春から初夏のころにとれる。

多田鉄之助


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

日本の郷土料理がわかる辞典「あぶってかも」の解説

あぶってかも


福岡の郷土料理で、塩漬けにしたすずめだいをのまま焼いたもの。から骨ごと食べる。明治後期、大量にとれたすずめだいの処分に困った漁師たちが、をして持ち帰り、火にあぶって食べたのがはじまりといわれる。◇あぶってかむから、またあぶって食べると鴨の味がするからなど諸説ある。すずめだい自体も「あぶってかも」という。

出典 講談社日本の郷土料理がわかる辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android