コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

いでや イデヤ

デジタル大辞泉の解説

いで‐や

[感]《「や」は終助詞、「いで」を強めていう語》
困惑やとまどいや不承知の気持ちなどを表す。いやもう。さあ。さてまあ。
「―、憂かりける世かな」〈・少女〉
改まって事柄を述べるときに用いる。さて。
「―この世に生まれては願はしかるべきことこそ多かめれ」〈徒然・一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いでや

( 感 )
〔「いで」を強めていう語〕
いやもう。いや、ほんとに。 「 -、さいふとも田舎びたらむは/源氏 若紫

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

いでやの関連キーワード怠け者の足から鳥が起つイチヤクソウ(一薬草)サバ(マレーシア)ビンナガ(鬢長)逃げ切る・逃切るイスラエルの戦争葬送儀礼のことばおいでやす小田おもな慣用句伊集院頼久疾風・早手埋もれ甚し駝鳥症候群高橋利兵衛荒肝を拉ぐ霍小玉伝富樫政親ヤマブキ肩を貸す道明寺糒