いでや(読み)イデヤ

デジタル大辞泉の解説

いで‐や

[感]《「や」は終助詞、「いで」を強めていう語》
困惑やとまどいや不承知の気持ちなどを表す。いやもう。さあ。さてまあ。
「―、憂かりける世かな」〈・少女〉
改まって事柄を述べるときに用いる。さて。
「―この世に生まれては願はしかるべきことこそ多かめれ」〈徒然・一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いでや

( 感 )
〔「いで」を強めていう語〕
いやもう。いや、ほんとに。 「 -、さいふとも田舎びたらむは/源氏 若紫

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いで‐や

〘感動〙 (感動詞「いで」に間投助詞「や」が付いてできた語) 「いで」を強めて言う語。
① ためらいを含みつつ発言する時に用いる。いやもう。さてもう。なんとまあ。
※古今(905‐914)雑体・一〇四〇「我をのみ思ふといはばあるべきをいでや心はおほぬさにして〈よみ人しらず〉」
※今昔(1120頃か)二六「いでや、何(いか)がせまし」
② あり得る反対の可能性の否定を含めて発言する時に用いる。とにかく。
※徒然草(1331頃)一「いでや、この世に生れては、願はしかるべき事こそ多かめれ」
③ 相手の言葉をさえぎって発言する時に用いる。いいえ。いやいや。不満、反発の気持が強い。
※青表紙一本源氏(1001‐14頃)若紫「いでや、なにしにさいふとも田舎びたらむ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android