コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

いで イデ

デジタル大辞泉の解説

いで[感]

[感]
対象をある行動に誘ったり、促したりする気持ちを表す。さあ。どうぞ。
「―、君も書い給へ」〈・若紫〉
思い立って行動しようとする気持ちを表す。さあ。どれ。いざ。
「橘の古婆の放髪(はなり)が思ふなむ心愛(うつく)し―我は行かな」〈・三四九六〉
強く心に感じたときの気持ちを表す。いや。いやもう。
「―、あな心憂」〈・一三八〉
自分の心にそぐわないとき、また相手に同意できないときなど、否定的な気持ちを表す。いや。さあ。
「―、さも侍らず」〈大鏡・序〉
改まって事柄を述べるときに用いる。さて。そもそも。
「―、またいみじく侍りしことは」〈大鏡・道長下〉

いで[接助]

[接助]活用語の未然形に付く。
打消しを表しながら下に続ける意を表す。…ないで。…ずに。
「問ひも致さ―、不念(ぶねん)なことを致いた」〈虎明狂・末広がり
(「いでは」「いでも」の形で)打消しの仮定条件を表す。…なくても。
「わたしや子供は何着―も、男は世間が大事」〈浄・天の網島
[補説]「ずて」が音変化した打消しの助詞「で」の前に伴われるn音が独音の母音iに転じて成ったという。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いで

( 感 )
誘いかけたり、促したりする時の呼び掛けの語。さあ。 「 -我が駒早く行きこそ/万葉集 3154
思い切って行動を起こしたり、決心したりする時に発する語。どれ。いざ。 「 -、この返事、さわがしくとも我せん/源氏 行幸
詠嘆や感動を表す語。いやもう。 「 -、あはれ/狭衣 1
問いに対して否定の返事をする時や、承服しかねる時に発する語。いや。さあ。 「 -、そこにしもぞめで聞え給はん/源氏 行幸」 「 -、さも侍らず/大鏡
話を始める時に言う語。さて。そもそも。 「 -その頃は元暦元年三月十八日の事なりしに/謡曲・八島」

いで

( 接助 )
〔「ずて」の転。中世以降の語〕
動詞の未然形に付く。現代語の「ないで」に相当する。
上の事柄を打ち消し、特別の感情をもって中止する。 「衣を帯につかぬるやうに夫にそは-ぞ/毛詩聴塵」
上の事柄を打ち消し、下の用言の修飾語となる。 「いとまもこは-はなんとあらうぞ/史記抄 5」 〔現代語でも関西方言では用いられる〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

いでの関連キーワード湧き湯・涌き湯飛ぶ火の野守ジーンバンクあなかま給え曲り水の豊明身の皮を剝ぐ遺志を継ぐ出居の少将荒肝を拉ぐ御輿を担ぐ縁起を担ぐ月をまたぐ両肌を脱ぐ爪を研ぐ捩り接続心を破る打ち寛ぐ同じくは目を塞ぐ裃を脱ぐ

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

いでの関連情報