いばら姫(読み)いばらひめ(英語表記)Dornröschen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

いばら姫
いばらひめ
Dornröschen

グリム兄弟の『子供と家庭の童話』によって知られている昔話。王女の誕生祝いに招かれなかった妖精がその子は 15歳で死ぬと予言するが,招かれた妖精たちはその呪いを 100年の眠りに変える。姫は眠りに落ち,その城はいばらにおおわれる。 100年ののち,王子の接吻によって目ざめる。類話は古代からみられ,『ニーベルンゲンの歌』でブルーンヒルトがジークフリートに目ざめさせられる話もその面影を伝えている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

いばら姫
いばらひめ
Dornrschen

グリム童話集』(第50番)の話。待ち望んでいた娘が生まれたので、王は国の仙女12人も招いて祝宴を開く。仙女たち11人が娘に祝福を与えたとき、招待されなかった13番目の仙女が入ってきて、娘は15歳のとき死ぬと予言する。12番目の仙女が、死でなく100年間の眠りに落ちると訂正する。15歳の誕生日に娘は予言どおり紡錘(つむ)を指に刺して眠りに落ち、城中の人も眠り、周りには茨(いばら)が生い茂る。多くの王子が茨をかき分けて入ろうとするが失敗する。ちょうど100年たったとき、ある王子が入ることに成功し、眠っている娘の美しさのあまりキスをすると、娘は目覚め、城全体も目覚めて、2人は結婚する。100年の経過と王子のキスが時間的に一致するとか、ちょうど誕生日に娘1人留守番をして紡錘を刺し、しかも眠りに落ちるときには王や女王も帰ってきて同じく眠りに落ちるなど、昔話の様式上の特徴がはっきりみられる話である。100年の眠りから覚めた娘が115歳になっていないことも同じ様式上の性質である。[小澤俊夫]
『マックス・リュティ著、小澤俊夫訳『ヨーロッパの昔話――形式と本質』(1969・岩崎美術社) ▽金田鬼一訳『完訳グリム童話集2』(岩波文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のいばら姫の言及

【眠り姫】より

…フランスのシャルル・ペローが1697年に出版した《昔々の物語ならびに教訓》に収めた話と,ドイツの《グリム童話》とによって知られている昔話。いばら姫ともいう。王女誕生の祝いのとき,招待されなかった仙女がその子の死を予告するが,招待された仙女がこれを100年の眠りと定める。…

※「いばら姫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ボヘミアン・ラプソディ(映画)

イギリス・米国の伝記映画。イギリスの人気ロックバンド・クイーンと、そのボーカルで1991年に45歳で死去したフレディ・マーキュリーの半生を描く。タイトルは同バンドが75年に発表したフレディ作の楽曲と同...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

いばら姫の関連情報