コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

懸隔 ケンカク

デジタル大辞泉の解説

けん‐かく【懸隔】

《古くは「けんがく」とも》
[名](スル) 二つの物事がかけ離れていること。非常に差があること。「世代間の社会意識が懸隔している」
[副]程度のはなはだしいさま。ことのほか。
「是は―心やすい」〈浄・日本武尊

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

けんかく【懸隔】

〔古くは「けんがく」とも〕
( 名 ・形動 ) スル [文] ナリ 
二つの物事の間に大きなへだたりがあること。かけはなれていること。 「事実と-する」
普通とはかけはなれているさま。 「してもあのやうに-な事をいはします/狂言・鈍太郎」
( 副 )
程度のはなはだしいさま。 「今日は-寂しかりけり(野坡)/炭俵」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の懸隔の言及

【流通】より

…それは,現代社会においては生産と消費が分化し,そこには,そのままでは(つまり商品の移転ということなくしては)経済循環が完成しえないという意味での社会的な溝があるからである。この社会的な溝を,流通論では,一般に懸隔と呼んでいる。久保村隆祐によれば,生産と消費の社会的分化により,次のような懸隔が認識されることになる。…

※「懸隔」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

懸隔の関連キーワード社会民主党(1901年結成)植民地ナショナリズム東方正教会厚生経済学フィリピン三省六部赤木忠春ギャップうがち大きい口語体埴輪公園匡正径庭輸送一晶辺隅

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

懸隔の関連情報