コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歌声喫茶 ウタゴエキッサ

4件 の用語解説(歌声喫茶の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うたごえ‐きっさ〔うたごゑ‐〕【歌声喫茶】

昭和30年代に流行した、アコーディオンを伴奏に、客がリクエストした曲を客全員で歌う喫茶店。東京新宿の「灯(ともしび)」はその草分け。平成10年(1998)ごろから静かにブームが復活。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

歌声喫茶

1950年代に東京・新宿に登場したのが始まりとされる。ピアノやアコーディオンなどの生演奏に合わせ唱歌やフォークソングなどを客たちが一緒に歌う。全国に広がり、60年代末ごろまではやったが、カラオケ機材の普及などで廃れた。最近は復活の兆しもある。

(2010-06-26 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

大辞林 第三版の解説

うたごえきっさ【歌声喫茶】

小楽団の伴奏で客が合唱を楽しめるようになっている喫茶店。 〔第二次大戦後、関鑑子せきあきこ1899~1973)の指導によって全国的に広められた歌声運動に結びついて流行〕

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

歌声喫茶
うたごえきっさ

コーヒー、ジュースなど飲料を供し、アコーディオン、ピアノなどの生(なま)伴奏によって、司会者(うたごえリーダー)のリードで参加者が、歌集をもってともに歌を歌い合う場。「うたごえ喫茶」と表記されることも多い。
 1954年(昭和29)、東京都新宿区歌舞伎(かぶき)町の食堂で、店内にかかっていたロシア民謡のレコードにあわせて客が歌い始めたことにヒントを得て、柴田伸(しばたしん)が「歌声喫茶」灯(ともしび)を始め、50年代後半から全国に広がった。ただし、歌声喫茶という呼び方は当初なく、いつしか総称して歌声喫茶とよばれるようになった。灯、カチューシャ、どん底(以上東京都・新宿)、牧場(まきば)(東京都・渋谷)、灯(東京都・吉祥寺)、エルサルバドル(川崎市)、炎(ほのお)(京都市)、こだま(大阪市)などが有名であった。
 1960年ころには『北上夜曲(きたかみやきょく)』『忘れな草をあなたに』『北帰行(ほっきこう)』などが歌声喫茶で歌われることによってヒット曲になり、また『カチューシャ』『灯』『トロイカ』など数多くのロシア民謡が歌声喫茶を通して広まった。
 第二次世界大戦後の復興の息吹、新しい時代への希望、労働運動、安保闘争などを背景として生まれた歌の数々、うたごえリーダーたちによって紹介された、世界の歌の数々が歌声喫茶では歌われた。集団就職などで都会に出てきた若者たちの孤独をいやす場ともなった。
 しかし、1960年代のなかばころから客数が減少。安保闘争の挫折(ざせつ)、趣味の多様化、テレビの普及などが諸要因といわれ、歌声喫茶は次々と閉店し、70年代のカラオケの出現の後、80年代は、ともしび(新宿、吉祥寺、東京都・亀戸、長野市、大阪市など)、どん底、家路(いえじ)(新宿)、バラライカ(仙台市)などが営業するのみとなった。
 1990年代なかばころから、ともしびによる出前歌声喫茶(うたごえリーダーと伴奏者を派遣し、喫茶店や公民館、ホールなどを会場とする)が盛んに行われるようになり(全国的に年間200日ほど)、また、地域での一日歌声喫茶や定期的に開催される歌声喫茶が急速に増えた。関東地域だけでも100か所近くが定期的に開催されている。「個」の文化が浸透し、バーチャルな世界が広がる一方で、人間同士の生(なま)のふれあい、ともに生きることを望む心もまた人々の間に広がっており、こうした動きが文化としての歌声喫茶の再評価につながっている。2006年(平成18)現在、ともしび、家路(新宿)、バラライカ(仙台市)、ゴリ(千葉県船橋市)、ふる里(東京都・八王子)、カンターレ(福岡市)が常設の歌声喫茶として営業中。週末などに「うたごえ」を行う店は全国的に増えている。[大野幸則]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

歌声喫茶の関連情報