コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

うっ血 うっけつ congestion

翻訳|congestion

3件 の用語解説(うっ血の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

うっ血
うっけつ
congestion

血流の障害により静脈内に血液がたまった状態をいう。このため局所は暗青赤色,すなわちチアノーゼを呈して冷たくなり,静脈や毛細血管はふくれる。全身的なうっ血は心臓の疾患 (右心不全,心嚢炎など) ,局所的なうっ血は血管内の異物や血栓などが原因になる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

うっ血

 静脈血が何らかの原因で流れが悪くなり,特定部分に貯留する現象.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

うっ血
うっけつ

局所的な血液循環障害の一つで、静脈血の局所からの流出が妨げられて、組織、臓器に血液が滞っている状態をいう。血液、リンパ液および組織液を総称する「体液」は全身を循環しているので、この循環に障害がおこれば、当然のことながら種々の影響が現れる。全身的な場合もあれば、局所的な場合もあり、局所的な障害の一つとしてうっ血がある。うっ血は、静脈管が外から圧迫されても、また血栓などによって内腔(ないこう)が狭くなってもおこり、心臓および肺臓の疾患による全身の血液循環障害の部分現象としても認められる。うっ血が長引くと、皮膚や粘膜は冷たく、青藍(せいらん)色となるが、この状態を青色症(チアノーゼ)とよぶ。さらに長期のうっ血の結果、浮腫(ふしゅ)(水腫ともいい、いわゆる「むくみ」)を生ずることが多く、また結合組織線維が増加して臓器が硬化をおこすこともある。[渡辺 裕]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

うっ血の関連キーワード浮腫血胸血腫頭蓋内血腫血流鬱血性心不全静脈内グルコース負荷試験腸間膜静脈血液流入現象陰嚢血腫 (hematocele)

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

うっ血の関連情報