心嚢炎(読み)シンノウエン

百科事典マイペディアの解説

心嚢炎【しんのうえん】

心嚢(心膜)の炎症。心膜炎ともいう。繊維素性,乾性,漿(しょう)液性,化膿性に分類される。ウイルス,化膿性の細菌,結核菌などの感染によるものと,リウマチ性疾患,尿毒症,悪性腫瘍(しゅよう)などによるものがある。またまれに原因不明のものもある。心臓部の痛み,呼吸困難,心悸亢進等があるが,自覚症状を欠く場合もある。心濁音界拡大,心嚢摩擦音聴取,頻脈(ひんみゃく),不整脈,奇脈等を認める。経過および予後は原因疾患により異なる。治療は絶対安静,強心剤や利尿剤の投与,原因に応じて細菌感染の場合は抗生物質の投与などのほか,必要に応じて心嚢穿刺(せんし)を行う。
→関連項目心臓病心不全

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android