コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

おおぐま座(大熊座) おおぐまざ Ursa Major

翻訳|Ursa Major

1件 の用語解説(おおぐま座(大熊座)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

おおぐまざ【おおぐま座(大熊座) Ursa Major】

略号UMa。北天の大星座。星座の主体をなすのは北斗七星呼ばれる7個の輝星で,ヨーロッパでも大さじとか,車の形に見たてていた。ひしゃくの升は熊の胴体,柄は長いしっぽになるが,北極星から立ち上る小型のひしゃくに対し,おおぐま,こぐまと対比される。ギリシア神話では大神ゼウスの愛をうけたニンフのカリストで,ヘラまたはアルテミスによって熊にされたという。α星はズーベと呼ばれる1.9等の赤色巨星スペクトル型はK0。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

おおぐま座(大熊座)の関連キーワードヘルクレス座海豚座海蛇座髪座馭者座小馬座小狐座鳳凰座帆座竜座

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone