コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

おす オス

デジタル大辞泉の解説

おす[感]

[感]若い男性どうしが出会ったときに使うあいさつ語。親しい間柄で使われる。おっす

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おす

( 動サ特活 )
〔近世江戸の遊里語。現代では京都地方で用いられる〕
「ある」「いる」の丁寧語。ございます。あります。おります。 「おや、ぬしやあ白いほくろが-・すよ/洒落本・自惚鏡」
(補助動詞) 形容詞の連用形、助動詞「だ」の連用形「で」に付いて丁寧の意を表す。…(で)ございます。…(で)あります。 「徳さんか、だうりできいたやうな声で-・した/洒落本・志羅川夜船」 〔 (1) 連用形「おし」、終止形「おす」の用例がみられる。 (2) はじめは吉原の妓楼松葉屋の用語として用いられたものという〕

おす

( 感 )
道などで出会った時の挨拶あいさつの語。男子学生など若い男性が、仲間内で用いる。おっす。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

おすの関連キーワード川の恵みの日御株を奪う牡馬・雄馬澄まし汁澄まし屋楔を刺す下ろし物玉垂れの伊勢大輔糅てる巣鷹山連用形御半下推して御末衆仲間内断種判子判人雌雄

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

おすの関連情報