コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

おす オス

デジタル大辞泉の解説

おす[感]

[感]若い男性どうしが出会ったときに使うあいさつ語。親しい間柄で使われる。おっす。
[補説]「忍」とも当てて書く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おす

( 動サ特活 )
〔近世江戸の遊里語。現代では京都地方で用いられる〕
「ある」「いる」の丁寧語。ございます。あります。おります。 「おや、ぬしやあ白いほくろが-・すよ/洒落本・自惚鏡」
(補助動詞) 形容詞の連用形、助動詞「だ」の連用形「で」に付いて丁寧の意を表す。…(で)ございます。…(で)あります。 「徳さんか、だうりできいたやうな声で-・した/洒落本・志羅川夜船」 〔 (1) 連用形「おし」、終止形「おす」の用例がみられる。 (2) はじめは吉原の妓楼松葉屋の用語として用いられたものという〕

おす

( 感 )
道などで出会った時の挨拶あいさつの語。男子学生など若い男性が、仲間内で用いる。おっす。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

おすの関連情報