コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

おむつ皮膚炎(おむつかぶれ) おむつひふえんおむつかぶれDiaper Dermatitis

家庭医学館の解説

おむつひふえんおむつかぶれ【おむつ皮膚炎(おむつかぶれ) Diaper Dermatitis】

[どんな病気か]
 おむつが当たるためにおこる皮膚のかぶれです。最初の症状は、おむつが当たる場所の赤みです。はじめのうちは軽く平らな赤みですが、ひどくなると、腫(は)れてきます。何度もこすられる場所にはびらん(皮膚がむけてただれること)ができ、赤ちゃんは排尿や排便のたびに痛がって泣きます。
[原因]
 おむつの中でふやけた皮膚が、おむつの素材によって摩擦(まさつ)を受けて傷つきます。そこへ、尿中のアンモニアや便中の酵素(こうそ)が作用して、さらに皮膚をこわし、炎症をおこすためにおこります。
[治療]
 まず皮膚を清潔にした後、外用剤を塗ります。炎症が軽い場合は亜鉛華単軟膏(あえんかたんなんこう)をおむつ替えのたびに塗ります。
 炎症が強い場合は、マイルドなステロイド外用剤か非ステロイド外用剤を使います。ほぼ1日で治ります。
[予防]
 おむつをこまめに替えることです。おむつによるむれをなるべくなくすことが先決です。布おむつよりも通気性のよい紙おむつのほうが、おむつかぶれをおこしにくいというデータも出ています。
 便は拭(ふ)き残しのないように注意します。とくに下痢(げり)のときは、拭くよりも洗い流すようにし、その後ワセリンなどで保湿をはかるようにしましょう。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android