コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

おもろ オモロ

3件 の用語解説(おもろの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おもろ

沖縄奄美(あまみ)群島に伝わる古代歌謡。神事や宮廷の祝宴などに歌われた叙事詩
[補説]「思い」と同語源の「うむい」の変化した語で、神に申し上げるの意というが、ほかにも諸説がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

おもろ

沖縄の泡盛。酒名は、沖縄の方言で「思う」を意味し、琉球歌謡「おもろ」にちなみ命名。常圧蒸留した原酒を長期熟成させた古酒。「10年」「15年」「17年」がある。原料はタイ米、黒麹。アルコール度数43%など。蔵元の「瑞泉酒造」は明治20年(1887)創業。所在地は那覇市首里崎山町。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

おもろ

〔「思い」と同源の語で、神に申し上げる、「神の歌」の意〕
沖縄の古代歌謡。古代琉球人の民俗・信仰・労働などを歌った幅の広い叙事詩。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おもろの関連キーワードかりゆしender沖之光月桃の花首里天羽地内海舞天あごり沖縄の長かなさしば

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

おもろの関連情報