コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仲原善忠 なかはら ぜんちゅう

2件 の用語解説(仲原善忠の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

仲原善忠 なかはら-ぜんちゅう

1890-1964 大正-昭和時代の教育者,沖縄研究家。
明治23年7月15日生まれ。大正13年東京の成城学園教諭となり,のち経営にもあたる。戦後,沖縄人連盟会長,沖縄文化協会会長などをつとめる。昭和23年同協会の機関誌「沖縄文化」を創刊,古歌謡「おもろ」の研究につくした。昭和39年11月25日死去。74歳。沖縄県出身。広島高師卒。著作に「おもろ新釈」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

仲原善忠
なかはらぜんちゅう
(1890―1964)

沖縄研究者。とくにオモロ研究者として知られる。明治23年7月15日、沖縄県久米(くめ)島に生まれる。沖縄県師範学校、広島高等師範学校に学んだのち教職生活に入り、やがて成城高等学校の教授となった。かたわら『世界地理精義』(1931)、『理法探求日本地理精説』(1932)など地理参考書を著している。十五年戦争の時期から沖縄研究に没頭し、戦後相次いで研究史に残る仕事を発表した。代表的なものに『おもろ新釈』(1957)、『校本おもろさうし』(1965)、『おもろさうし辞典・総索引』(1967)などがある。近代主義的な学風を信条とし、沖縄歴史についても優れた論文を残している。また、沖縄人連盟会長、沖縄文化協会長、琉球(りゅうきゅう)育英会東京事務所長などを歴任し、沖縄の救済と後進の指導にも一貫して尽力した。昭和39年11月25日死去。[高良倉吉]
『『仲原善忠全集』全四巻(1978・沖縄タイムス社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の仲原善忠の言及

【沖縄学】より

… 第2次大戦後は72年の〈施政権返還〉を画期として大別されよう。戦後初期の段階は沖縄が米軍施政下にある状況下で在京の比嘉春潮(ひがしゆんちよう)(1883‐1977),仲原善忠(なかはらぜんちゆう)(1890‐1964)らが東京に沖縄文化協会を設立(1948),沖縄研究を再出発させた。現地大学や本土留学によってしだいに戦後世代の若手研究者も育ち,〈日本復帰運動〉の高揚とも連関しながら研究は学際的な進展をみせた。…

※「仲原善忠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

仲原善忠の関連キーワード赤井米吉稲毛金七岡野豊四郎小林澄兄仲新西野正吉原田実藤本光清松岡弘森昭

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone