お祭佐七(読み)オマツリサシチ

大辞林 第三版の解説

おまつりさしち【お祭佐七】

歌舞伎「江戸育お祭佐七」「心謎解色糸こころのなぞとけたいろいと」の通称。また、その主人公。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

お祭佐七
おまつりさしち

歌舞伎(かぶき)劇中の登場人物。俗謡に「本町二丁目糸屋の娘」と歌われた娘お糸と手代佐七の情話は、浄瑠璃(じょうるり)、歌舞伎に脚色され「小糸佐七物」という一系統をなしているが、その佐七を「お祭り」と異名のある威勢のいい鳶(とび)の者に仕立てたもの。4世鶴屋南北の『心謎解色糸(こころのなぞとけたいろいと)』で創作され、3世河竹新七の『江戸育御祭佐七(えどそだちおまつりさしち)』では主人公として活躍、その脚本の通称にもなっている。[松井俊諭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

おまつりさしち【お祭佐七】

歌舞伎世話物。三幕。三世河竹新七作。本名題「江戸育御祭佐七(えどそだちおまつりさしち)」。明治三一年(一八九八)東京歌舞伎座初演。柳橋の芸者小糸と恋仲の鳶の者お祭佐七が、加賀家の武士倉田らの悪計で、小糸を殺すが、のちに真相を知って敵を討つ。小糸佐七物の一つ。先行作に、四世鶴屋南北作「心謎解色糸(こころのなぞとけたいろいと)」などがある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典の解説

お祭佐七
(通称)
おまつりさしち

歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
心謎解色糸 など
初演
文化7.1(江戸・市村座)

出典 日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android