コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

お祭佐七 オマツリサシチ

大辞林 第三版の解説

おまつりさしち【お祭佐七】

歌舞伎「江戸育お祭佐七」「心謎解色糸こころのなぞとけたいろいと」の通称。また、その主人公。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

お祭佐七
おまつりさしち

歌舞伎(かぶき)劇中の登場人物。俗謡に「本町二丁目糸屋の娘」と歌われた娘お糸と手代佐七の情話は、浄瑠璃(じょうるり)、歌舞伎に脚色され「小糸佐七物」という一系統をなしているが、その佐七を「お祭り」と異名のある威勢のいい鳶(とび)の者に仕立てたもの。4世鶴屋南北の『心謎解色糸(こころのなぞとけたいろいと)』で創作され、3世河竹新七の『江戸育御祭佐七(えどそだちおまつりさしち)』では主人公として活躍、その脚本の通称にもなっている。[松井俊諭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

お祭佐七の関連キーワード河原崎 権十郎(2代目)片岡 愛之助(5代目)江戸育お祭佐七尾上 菊太郎小糸・佐七愛想づかし牧野省三古典落語小糸佐七歌舞伎縁切り雪とん家の芸小糸

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android