コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

お祭佐七 オマツリサシチ

5件 の用語解説(お祭佐七の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おまつりさしち【お祭佐七】

歌舞伎狂言心謎解色糸(こころのなぞとけたいろいと)」(4世鶴屋南北・2世桜田治助らの作)または「江戸育御祭佐七」(3世河竹新七作)の通称。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

お祭佐七 おまつり-さしち

小糸・佐七(こいと・さしち)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

デジタル大辞泉プラスの解説

お祭佐七

古典落語の演目のひとつ。人情ばなし。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

おまつりさしち【お祭佐七】

歌舞伎「江戸育お祭佐七」「心謎解色糸こころのなぞとけたいろいと」の通称。また、その主人公。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

お祭佐七
おまつりさしち

歌舞伎(かぶき)劇中の登場人物。俗謡に「本町二丁目糸屋の娘」と歌われた娘お糸と手代佐七の情話は、浄瑠璃(じょうるり)、歌舞伎に脚色され「小糸佐七物」という一系統をなしているが、その佐七を「お祭り」と異名のある威勢のいい鳶(とび)の者に仕立てたもの。4世鶴屋南北の『心謎解色糸(こころのなぞとけたいろいと)』で創作され、3世河竹新七の『江戸育御祭佐七(えどそだちおまつりさしち)』では主人公として活躍、その脚本の通称にもなっている。[松井俊諭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

お祭佐七の関連キーワード阿国歌舞伎遊女歌舞伎歌舞伎・歌舞妓歌舞伎狂言歌舞伎劇歌舞伎子歌舞伎芝居歌舞伎役者歌舞伎踊段助

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

お祭佐七の関連情報