コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江戸育御祭佐七 エドソダチオマツリサシチ

世界大百科事典 第2版の解説

えどそだちおまつりさしち【江戸育御祭佐七】

歌舞伎狂言。世話物。3幕。3世河竹新七作。1898年5月東京歌舞伎座初演。通称《お祭佐七》。お祭佐七を5世尾上菊五郎,小糸を尾上栄三郎(後の6世梅幸)で好演して以来15世市村羽左衛門ら音羽屋系の家の芸として現在に継承される。加賀家の侍倉田伴平は芸者小糸に言いよるが拒絶され,小糸はかねて言いかわす鳶のお祭佐七に救われて佐七の住居に落ちつく。小糸の養母おてつは小糸を伴平にとりもつため,佐七の頭勘右衛門に噓八百を並べ,義理にかられた佐七から小糸をとりもどす。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

江戸育御祭佐七
えどそだちおまつりさしち

歌舞伎(かぶき)脚本。世話物。3幕。3世河竹新七作。通称「お祭佐七」。1898年(明治31)5月東京・歌舞伎座で5世尾上(おのえ)菊五郎の佐七、6世尾上梅幸(当時栄三郎)の小糸により初演。恋仲の鳶(とび)の者お祭佐七と暮らしていた柳橋芸者小糸が、恋敵の侍に頼まれた義母にだまされて、心にもなく男へ愛想(あいそ)づかしをするので、怒った佐七が柳原土手で小糸を殺すという筋。4世鶴屋南北作『心謎解色糸(こころのなぞとけたいろいと)』を書き換えたもので、歌舞伎、浄瑠璃(じょうるり)の一系統である小糸佐七の情話を扱った作の一つだが、そのなかで現代ではもっとも上演回数が多い。世話物の一類型である縁切りから殺しへ発展する構成だが、鳶の者と柳橋芸者の江戸っ子らしい歯切れのよさが特色である。[松井俊諭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の江戸育御祭佐七の言及

【河竹新七】より

…脚色物に機知と趣向の才を生かし,洒脱と速筆でも知られた。代表作に《籠釣瓶花街酔醒(かごつるべさとのえいざめ)》(1888年千歳座)はじめ《塩原多助一代記》《怪異談(かいだん)牡丹灯籠》《江戸育御祭佐七》など。【河竹 登志夫】。…

※「江戸育御祭佐七」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

江戸育御祭佐七の関連キーワード心謎解色糸こころ

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android